One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 科学を語るとはどういうことか ---科学者、哲学者にモノ申す



哲学者の議論を「的外れ」と憤慨する科学者と、
科学者の視野の狭さを精緻に指摘する哲学者による妥協なき徹底対論。
価値観の異なる者同士が科学を捉え、語り合うためには何が必要か。(Amazon)

科学哲学について哲学者と科学者の対談をまとめたのが本書。
結論というか,ほぼ最後まで両者の意見が平行線のまま終わった。
まぁ最後だけは無理やりまとめてたけど,分かり合えないよね。
科学哲学って哲学者の独壇場の世界だし,科学者の扱う領域ではない。
一方的に批判を当てられると科学者も自分の庭で好き勝手言いやがってという気持ちになる。

そもそも近代合理主義以降,主観と客観を分けて
主観を哲学が扱い,客観を科学が扱うようになっていったわけで。
この別れた二つの体系が科学哲学を通して,また1つになった時に争いは起きた。
でもこの科学哲学が扱っている科学って,科学者が扱わない領域なんだよね。

まず研究方法,分かりやすく哲学を文系,科学を理系と分けるが,
文系の研究方法の1つに文献研究というのがある。
これは理系の研究方法ではほとんど聞かない(あるかもしれないが,フィールドワーク系の分野で)。
文学研究の本なんて読んでると一次資料とか二次資料とかいう基準がある。
例えば英文学を日本の訳書で読んだのかとか,原書でよんだのかとかそういうのも問題となる。
理系でそんなことはしない。
基本論文というのは最新の論文しか読まないし,だいたい英語で統一されている。
物理学を学んでいてニュートンのプリンキピアを読む人などそうはいない。
この方法論の違い,科学哲学というのはもちろん文系の研究方法だ。
だから理系から見るといつまでそんな古いことやってるの
新しいことやれよという気持ちになるのは分かる。
科学者は新しいことからさらに新しいことをやってるが,
哲学者はいつも古い資料なんかにさかのぼってばかり。
あと科学哲学のいう科学という意味。
こういうのは科学者の科学では扱わない。
哲学もかつて心理学なんかが派生した歴史があるが,
科学も科学で扱えないようなところあるし,
そういうのはどんどん分離していいんじゃないかと思う。
その1つをたまたま哲学がゲットしたというわけ。
だからこの科学哲学というのは哲学と科学が交わってるように見えて全然交わっていない。
いないのに科学という言葉だけがあるだけに両者ともいざこざが起こるという不運。
個人的な感覚だけど,結局科学哲学っていうけどその分野が進歩していないように見えるのって
もうあらかたやりたいことやりつくしちゃったってのあるんじゃないのかな。
そうなるとさらに研究を細分化していくとかしていかないと,主流も枯れっ枯れっになっちゃうだろうし。

あと一応言っておくと哲学というの思考する学問みたいに思われがちだが,
基本大学なんかの学問機関で扱う哲学というのは文献をもとにした哲学者研究とか哲学史研究の類。
そもそも主観的な思考を扱う,みんなが思ってるような哲学なんて非学問領域に属してるし,
それは大学でやるもんじゃない。
昔の偉人が考えたことを学問的方法によって研究しているのが今の哲学のメインストリーム。

そう言えば仏教にも主流の歴史仏教学でなくて教理学というのがあったなぁ。
あれってどういう方法論で学問的研究を進めていくんだろう。

☆☆☆

a1380_001503small.jpg

関連記事

  1. 2013/12/15(日) 05:20:18|
  2. 本 ☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<[映画] パシフィック・リム,名探偵コナン 絶海の探偵 | ホーム | [日記] 木綿・他>>

コメント

応援

はじめまして。科学・哲学・科学哲学という人類が最終的に結論を見なければならない分野まで踏み込み、優れた突っ込みを入れられていることに驚きました。私は、あまり難しいことは分からないのですが、それぞれが最終的なゴールをどこに置いているか、その雄大なゴール、行きつく先、未来図、それらがまだ研究者自体に見えていないのではないでしょうか。人類が最終的に受け取る利益の考察がないために不毛の論議が際限もなく生まれるような気がします。科学者でも、哲学者でもなく、ただの生活者がこのようなことを申し上げることは彼らに対する非難以外の何物でもないのでやめます。ゴールを急ぐでもなく、あわてるでもなく、淡々と歩かなければならないのは私のほうなのですから。ヒメキリンさんの活躍をメル友として応援します。
  1. 2013/12/15(日) 06:54:29 |
  2. URL |
  3. インターネット出版 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/687-b56c0b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。