One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[読書メモ] 貴族探偵対女探偵



「貴族探偵」を名乗る謎の男が活躍する、本格ミステリーシリーズ第2弾!
今回は新米女探偵・高徳愛香が、すべてにおいて型破りな「貴族探偵」と対決! 期待を裏切らない傑作トリックの5編収録。(Amazon)

このシリーズ続くんだと思いつつ読む,
そして読了後やはり麻耶雄嵩のこの作品はシリーズ化してもつまらないと思う。
彼の本格ミステリ小説にある種の問題提起をして作品に仕上げるのが肝心要だ。
だからミステリー小説のミステリーの部分が重要なのも分かる。
ただこの作品は小説として麻耶雄嵩の他の作品よりも面白くない。
いくらミステリーの部分に力を入れても,小説の部分がこれだとなぁ。
前作と異なり貴族探偵が一方的に推理するのではなくて女探偵の推理対決になってる,
基本女探偵の方が推理ミスをして貴族探偵陣営・・・じゃなくて貴族探偵が
女探偵の推理のミスを訂正させて正解に導くという形式になっている。
まぁこの推理の形式が露骨に見えるのがこの作品の目玉である。
ただ短編であるせいもあるんだろうが形式ありきだから他の部分が脆弱で,
これだとチンマリとまとまっているというのが私の印象だ。
「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」も同じような多重推理があるが
ああいうバカミスに惹きつけられた私からすると物足りない。

a1380_001495small.jpg

関連記事

  1. 2013/12/06(金) 09:23:44|
  2. 読書メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[映画] ハングオーバー!!! 最後の反省会,ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 | ホーム | [日記] モツ煮・他>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/679-58ba5a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。