One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 大江健三郎 作家自身を語る



なぜ大江作品には翻訳詩が重要な役割を果たすのでしょう?
女性が主人公の未発表探偵小説は現存するのですか?―世紀を越え、つねに時代の先頭に立つ小説家が、
創作秘話、東日本大震災と原発事故、同時代作家との友情と確執など、
正確な聞き取りに定評のあるジャーナリストに一年をかけ語り尽くした、
対話による「自伝」。最新小説『晩年様式集』を巡るロング・インタヴューを増補。 (Amazon)

大江健三郎の作品を時系列順に交えながらのインタビュー集となっている。
小谷野敦の本を読んで伝記の楽しさ(私にとっては作家のだが)知ったのだが。
大江健三郎の小説より読みやすいのでまずこういう
自伝っぽいもの(インタビュー集なんで自伝というのかは疑問が残るが)から入るというのもありかも。
読んでみると結構な発見がある,初期から中期にかけての作品を気に入ってないのがあるというのは,
そう言えば谷崎潤一郎の評伝を読んだ時も似たようなことがあったなぁ。
まぁ作品を多く量産した時期が作者として順風満帆な時期ではないということなんだろう。
また大学時代の師・渡辺一夫の影響というのがインタビューを読んでかなり強いというのが分かった。
彼の私小説ではほとんど描写がない人物だけにこの本を読んで分かるものがある。
最新作「晩年様式集」を読んでこれまでよりかなり時事色が強いなぁと思ったが,
インタビューを読んで「万延元年のフットボール」
当時からするとかなりのものだったんだろうというのが伺える。
こういう視点は本当に私の世代(80年代後半生まれ)にはないものだよなぁ。

巻末の「大江健三郎、106の質問に立ち向かう」だけでも目を通す価値はある。
そう言えば同じような企画を村上春樹もインタビュー集やってたな,こういうのやるもんなんだろうか。

そうそう「取り替え子」よりの3部作をまとめた「おかしな二人組」に
小説の主人公・長江古義人と小説作者・大江の解説がついているというのを知った。
これは気になるのでどうにかして読みたい。
Amazonを見てるとマーケットプレイスで1万2千円くらいか,
これどれくらいプレミアムが付いてるんだろうか,ちょっと手が出しにくい。

ちなみに今月末の出る文庫版には「晩年様式集」のロングインタビューも付属するみたいです。

☆☆☆☆

a1380_001473small.jpg

関連記事

  1. 2013/11/29(金) 03:09:06|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[日記] 純露・他 | ホーム | [漫画] 今年読んだ漫画色々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/674-1ce26aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。