One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 金閣寺



一九五〇年七月一日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という
衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩み
――ハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美の魔力に魂を奪われ、
ついには幻想と心中するにいたった悲劇……。
31歳の鬼才三島が全青春の決算として告白体の名文に綴った不朽の金字塔。(新潮)

「金閣寺」,言わずと知れた三島由紀夫の代表作だ。
私は今まで読んだことなかったんだけどね。
以前に読んだ同作者の「潮騒」が
特に興味を惹かれなかったんで以降読まなかった。
今回も意見変わらず。
序盤と本筋とは関係なところが面白かったから
まるっきり面白いわけじゃなかったが。

本作は題名の金閣寺があげられてるように,
金閣寺を燃やすという小説だ。
1950年に実際に起きた金閣寺の放火事件を下敷きにして
三島由紀夫が作り出した,彼の代表的小説。
この物語の筋は主人公が金閣寺を燃やす動機と
それに至る心境の移り変わりだろう。

序盤の金閣寺に対する美しさというのは理解できたし良かった。
彼の心象の金閣寺と実物の金閣寺が最初一致せず,
それが滅びというファクターと内包することで一致していく様は。
しかし,物語が進むにつれて女性への美意識と金閣寺の美意識という
比べ用もない美を同じものとして捉える主人公の意識を
理解できないし,まったく共感できなかった。
物に対する美しさと人に対する美しさが
同じというのはどんな感覚なんだろう。
いや,女性の裸婦像や絵画なんかだと
なんとなく分かるんだが建物と人というのは,
でも擬人化というものがあるし・・・。
そして金閣寺の美意識が自ら心を満たしていく中で,
女性からも世間からも見放されていく中で
とうとう金閣寺を放火する決心をつけるのだが,
なぜ決心するかというのがイマイチよく分からない。
金閣寺への放火を決意して死を意識するが,
では何ために金閣寺を放火しようとするのか,
自らが世界を変化させるためでなかったのか。
そもそも世界を変えるといったが,
これは主人公の見てる世界を変える行為だろう,そのために金閣寺を燃やすのだ。
金閣寺の住職を殺すでなく,だからこそそちらを選んだ。
世界を変えるなら,そもそも住職を殺しても意味がないのは
定命であると同時に他人だからだ,己が死ねばいいではないか。
まぁそれをただ狂気と言えば全て片がつくんだが。

良かったのは,女性への隔絶のある描写。
以前読んだ「潮騒」ではよく分からなかったが,
退廃を誘うような女性の描写は素晴らしかった。
特に主人公の女性への影響を多大に与える,
序盤の有為子のエピソードとそのすぐ後の主人公の鬱屈した内心の描写。
女性関係が筋にくるような話を読んだら面白かと思ったので
次読むらなら「仮面の告白」「サド侯爵夫人」あたりにしてみるか。
同じ作者でも合う合わないという作品があるので,
今のところ三島由紀夫の2つは私には合わないかな。

a0960_005113small.jpg

関連記事

  1. 2013/11/09(土) 06:50:13|
  2. 本 ☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<[日記] シーチキン・他 | ホーム | [日記] ちょっと戦ってきます>>

コメント

「音楽」

いわゆる『文学的』な作品とは、対極をなしているような作品ですが。
私はグイグイと読んだ記憶があります。
(お気に召さなければ、ゴメンナサイv-356
  1. 2013/11/09(土) 13:51:34 |
  2. URL |
  3. kimashi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 「音楽」

> いわゆる『文学的』な作品とは、対極をなしているような作品ですが。
> 私はグイグイと読んだ記憶があります。
> (お気に召さなければ、ゴメンナサイv-356

kimashiさん コメありがとうございます

文学的な意味がちょっと分かりませんが,
感想なんで千差万別でいいと思います。
  1. 2013/12/08(日) 02:46:11 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/657-03c432ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。