One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[読書メモ] 源氏物語の世界



源氏物語は恋と愛の物語であり,王権と政治の物語であり,人の生き方と救済を問う物語でもある.
千年にわたって読み継がれてきたその魅力の根源を,この物語のもつ多義的・多面的な構造に求めながら,
冒頭の桐壺巻に仕掛けられた四つの「謎かけ」を手がかりにその世界を読み解いていく.
源氏物語は,読者に問いかける物語なのである.(Amazon)

以前にぼちぼち日本の古典を
読んでいきたいという趣旨のブログを書いた。
源氏物語から初めるのがいいかなと決めた。
その手始めの一冊として読んだ。
源氏物語を恋物語と言い切るのは簡単だろうが
それではあまりにも陳腐だ。
この本は新書まるまる一冊源氏物語に関する解説書となっている。
かつて哲学者・和辻哲郎が源氏物語は構成が立派すぎて
これは女の書いたものではないと言った。
今言えば袋叩きであろうが,彼の言も頷けるものがある。
この本を読んで,確かにこの構成はすごいさを思わされた。
例えば光源氏と関係をもつ女性を「桐壷系」と「箒木系」の
2系列に分けて戦後論じられてきた。
「桐壷系」は光源氏の運命を左右するのに対し,
「箒木系」は女性の生き方,運命を問う役を担っているとある。
この分類は面白いと思った,
私が源氏物語で興味をもったのはほぼ「箒木系」の女性である。
(ちなみにその中でも空蝉に心惹かれた。)
こういう切り口を時系列順にどんどん紹介してくれ,
ある程度内容を知っているならば以前より深読みを
可能にしてくれるのではないかと感嘆した。
やはり19世紀以前の小説というのは
商業によらず書いていたことが多く今とは違った趣が溢れている。
ぜひ,源氏物語を読んだ時もこの本を読んで色々と考えたい。

a1130_000279small.jpg

関連記事

  1. 2013/10/07(月) 00:08:51|
  2. 読書メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<[読書メモ] 大江健三郎作品をいろいろ読んだ | ホーム | [ドラマ] 怪奇大作戦ミステリーファイルを見た>>

コメント

世界最古

ヨーロッパにいると、やれシェークスピアだの、ダンテだのと言われますが、源氏物語は世界最古の所謂小説です。各国の人たちとジョークで自国が一番!と自慢話になる時に、源氏を出します。作者は女性ですしね。さらに注目を浴びるわけです。しかも、その当時の貴族は優雅にご飯食べてましたから。欧州では手づかみで豚の丸焼きみたいな時代ですよ。上品じゃないですか。ということで、世界に誇れる日本の1つです。ちなみに、私は清少納言の枕草子を原文で無理矢理読みました。自分の好き嫌いを好き勝手に言っている幸せな人です。
  1. 2013/10/07(月) 05:44:03 |
  2. URL |
  3. lakme #-
  4. [ 編集 ]

Re: 世界最古

> ヨーロッパにいると、やれシェークスピアだの、ダンテだのと言われますが、源氏物語は世界最古の所謂小説です。各国の人たちとジョークで自国が一番!と自慢話になる時に、源氏を出します。作者は女性ですしね。さらに注目を浴びるわけです。しかも、その当時の貴族は優雅にご飯食べてましたから。欧州では手づかみで豚の丸焼きみたいな時代ですよ。上品じゃないですか。ということで、世界に誇れる日本の1つです。ちなみに、私は清少納言の枕草子を原文で無理矢理読みました。自分の好き嫌いを好き勝手に言っている幸せな人です。

lakmeさん コメありがとうございます

当時あれだけの小説を書けたってのがすごいですよね。
ああいう絢爛豪華な物語って類を見なくて感心してます。
  1. 2013/10/22(火) 23:03:03 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/627-dbf48b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。