One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[海外ドラマ] 最近見てきた海外刑事ドラマ色々

ちょっと前から海外刑事ドラマをいくつか見てきたんで
ここでまとめて,それらの簡単な感想を。
そんなに一目をおくほど,
これはすごい面白いなぁというものがなかったんだよねぇ。
全体の感想として,頭一つ飛び出てますよという作品はなかった。
もうこのジャンルは慢性なのか。
それでは国別で。

<アメリカ>
・デトロイト 1-8-7

う~ん,古いアメリカ刑事ドラマを見ているようだ,古い。
主人公が古き良きアメリカの刑事ドラマの刑事を反映したような人物だ。
CSIマイアミは,マイアミという観光地でありながらも,
中南米からの移民が多いなどの要因で犯罪が多い舞台だ。
しかしデトロイトは,工業が盛んだったが
近年は工場の閉鎖などで治安が悪化し犯罪が多くなったという
また違った犯罪を見ることが出来る,出来るんだけど。
犯罪も古い,まるで一昔前のアメリカのギャングの犯罪っぽいんだけど。
事件現場で事件に関係ない弾丸が見つかるなんて世紀末。
とにかく古い。

・リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線

あざとらしい。
なんていうか,みんながテンプレで思い描く
仕事のできる女性というのを
そのまま刑事ドラマにしたような感じだ。
でもこのドラマの仕事のできる女性というのは,
もう一昔前のイメージぽいんだよね。
私は同じような刑事ドラマでCLOSERの方が,
現在のできる女性というのを体現してると思うんだよね。
アメリカにある海外ドラマで,女性が主人公ものって,
仕事面で結構孤立気味ってのが多い。
出来る女性キャラを見たいならこれより,
CLOSERの主人公・ブレンダ・ジョンソンが1番良いと思う。
このリゾーリ&アイルズって,仕事はできるけど
プライベートはボロボロっていうタイプの
日本なんかの仕事が出来る女性像にピッタリなんだよなぁ。

=========================
やっぱり,欧米でもアメリカとヨーロッパで
かなり違ってるなぁ。
アメリカの刑事ドラマには,
主人公に濃い個性みたいなキャラクター中心的な感じだけど,
ヨーロッパのはそんなキャラの悪目立ちがなくて,
事件を中心に物語を作ってる感じだ。
あと,日本のテレビドラマ・相棒でもあったけど
暖色系を抜いた無機的色を全面にだす展開が
ヨーロッパの刑事ドラマには多いな。
シリアス路線ということなんだろうか。
=========================

<イギリス>
・LUTHER/刑事ジョン・ルーサー

ダークなヒロインのアリス・モーガンのキャラが濃ゆい。
なんというか,妖艶な感じで年齢がすごく上というか,
いい意味で主人公のジョン・ルーサーとつりあいがとれているというか。
・・・年取りすぎです(シレッと)。
ダークなヨーロッパの刑事ドラマの中で,こちらは割りとライトな方。
事件が猟奇的で不気味な感じだという感じでなく,
どちらかというとワクワク楽しませてくれるアメリカ風な感じだ。
主人公の眉間に寄ったシワが渋い。

・ケース・センシティブ 静かなる殺人
なんだろう,このガラスの上を歩くような透明感。
触れればガラスで怪我をしてしまいそうな。
この中で1番,犯罪の猟奇性は上手く出している感じだ。
キャラの個性をある程度まで排除しているような,
それでいて主要な登場人物に大人の雰囲気を出させているのが
全体的にビターな感じ,90%カカオのチョコが好きな人もいるよねという感。
私はおかわりはいいかな。

<スウェーデン>
・刑事ヴァランダー

私の中でのイメージは,アガサ・クリスティーのミステリを
現代風にしたらこんな風になるのではないかという感じだ。
仕事やプライベートに押し潰されそうになりながらも,
自分に出来る限りのことをしていことする主人公が妙にリアル。
前の「ケース・センシティブ」がすごく尖っていた感じだが,
こちらの主人公はまだ何処と無く不器用で人間味を感じさせる。
ヨーロッパの刑事ドラマって,変に猟奇性が出てるものが多いけど
事件を起こすのはどこまでも人間なんだということを思い出させてくれる。
アメリカの刑事ドラマが動なら,ヨーロッパの刑事ドラマって静だよなぁ。
その静にも幅があるよなぁ。

<デンマーク>
・ゾウズ・フー・キル 殺意の深層

近年の海外ミステリを読んで思うけど,
犯罪というものの異質性が事件の根幹になっていて
それがシリアスな物語を創り出しているというのが私の印象。
これは,もうそれだけを追って行きましたという感じだ。
今回のヨーロッパのドラマの中でVS犯人という構図が1番明白だった。
猟奇的な犯人であれば,それとの対峙というのは1番安定したストーリーなのかも。
そういう意味では,最近の猟奇性を全面に出したドラマで
安定して作りましたという見方も出来る。
パッケージがソウの雰囲気を表したような感じするのは私だけか,
案外物語もソウのような雰囲気の猟奇性と読み取ることができる・・・かも。

順位をつけるとするなら(参考にThe Closerも入れてます)
 (The Closer) >
 デトロイト 1-8-7 = 刑事ヴァランダー = LUTHER/刑事ジョン・ルーサー >
 リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線 = ケース・センシティブ 静かなる殺人 >
 ゾウズ・フー・キル 殺意の深層

a1180_008118small.jpg

関連記事

  1. 2013/04/25(木) 22:28:56|
  2. DVD・TV・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[日記] GWは衣替えの時節 | ホーム | [本の感想] 文章は接続詞で決まる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/470-29ee2b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。