One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 科学の方法



人工頭脳、原子力の開発、人工衛星など自然科学の発展はめざましい。しかし同時にその将来のありかたについて論議がまき起っている。著者は、自然科学の本質と方法を分析し、今日の科学によって解ける問題と解けない問題とを明らかにし、自然の深さと科学の限界を知ってこそ次の新しい分野を開拓できると説く。深い思索の明晰な展開。(Amazon)

こういう基本というか,前提ってのは結構ないがしろになってるよね。
というかあり気でお話を進めているというか,知らなくても出来るしね。

最近新書と言えば,岩波新書の青版を読みあさっています。
文体もそんなに時代を感じさせず,いま見てもなかなかに面白いものが多いので。

理系で論文を書いた人ならわかると思うが
(文系の方は読んだこと無いので知らないので),
論文には先行研究と理論なんかの序文が存在する。
所属しているゼミの先人達のなんかをパク・・・丸うつ・・・
参考にして書くのでこころへんの重要性ってのは気づかずに通り過ぎることが多い。
科学論文がなぜあの構成となっているのか,
そういう科学に対する前提知識というものを本書は述べている。

確かに本文に書いてあるように,
体系的な科学論のようなカタチにはなっていないが,
自然科学の本質というのをきちんと捉えていることは確か。
もともとNHKの大学生向けの教養講座をテキストにまとめたものなので
こういう随筆集のカタチになっているらしい。
科学によって今なにが出来るのか出来ないのか。
そもそも科学とはなんなのか。
こういう原点となる視点を本書は与えて得てくれるのは,
随筆というスタイルの良さだね。
それでいてトピックにもあるように科学の限界という視点なんかからも
作者の自然に対する畏敬の念というものが伝わってくる。
そもそも数学や物理,化学,生物,地球科学なんかを自然科学と言うし。

特に素晴らしかったのは,8章の『定性的と定量的』。
科学ってのは,実験という量を測定する定量的な研究がほとんどだと思いがたいだが,
その実験を行うまでのバックヤードとなる基礎理論というのは,
自然現象を観察し,そこから現象を定性的に研究することができて
はじめて定量的な研究を始められるようになるということ。
こういう視点というのは,
大学の学部生なんかだとゼミの先輩や先生から卒業研究の題材を与えられることが多いので,
なかなか気づくことがないんだろう,いや当時の私には少なくともなかった。

☆☆☆☆

a1380_001131small.jpg

関連記事

  1. 2013/04/01(月) 22:30:00|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<[映画の感想] 007/スカイフォール | ホーム | [日記] マルちゃんのコロッケそば>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/04/01(月) 23:34:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは。

アキさん コメありがとうございます

こういう自然現象に,なんらかの法則が多数存在しているということが
インテリジェンス・デザインの存在もあるかもという気にさせそうな感じになりはしますね。

まぁ調和があるからこそ私たちがあるという感覚のほうが私にはいいのかも。
  1. 2013/04/02(火) 02:53:40 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/448-dec81c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。