One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 「中卒」でもわかる科学入門 "+-×÷"で科学のウソは見抜ける!



四則演算と単位を正しく理解すれば、世界の科学者に質問をし、議論をすることが出来る。3,11以後の失われた科学的信頼を背景に、現代の私たちに必要なサイエンスリテラシーのあり方を説く、逆転発想の科学入門! (Amazon)

タイトルが悪いです。

むしろ角川oneテーマ21にはタイトル以外でテーマがついているが,
そっちのほうが分かりやすい不思議。
本書のテーマである,”科学態度”であるのにタイトルの”「中卒」でもわかる〜”
という文字の方に目が行き過ぎる。
筆者の学歴の事を暗に意味してるんだと思うが,これがマイナスだと思う。
副題にある”〜科学のウソを見抜ける〜”の方を膨らませた方が
内容に即してたんでないだろうか。
科学入門というのではなくて,科学的見方を身につけようという本。

筆者のブログはたまに参考にさせてもらってる,
科学読み物やノンフィクションが多く紹介されてるんで,
そんなのが読みたい時は参考にしている。
ブログの内容と同じく興味深い科学的な考察がされており,
なかなか唸らせてくれるところはある。

保存則や単位の重要性なんか,
そこら辺を理解してると,科学に対する理解がさらに進むことは間違いないだろう。
学部生時,卒論の一巻としてまず試しに先行研究と同じように解析を行った結果,
同じようだが桁が異なる結果が出てしまったことがある。
元データに問題があったのだが,単位に気をつけていたから気づいというのがあった。
あと英語論文を見るとき単位を気にするのも重要,私の研究分野はある頻出単位の逆数にも
単位に名前がついていて使う人で表現が変わるので注意が必要だった。
そういうこともあるので単位は本当に大切。
センター試験の物理でも単位に着目させる問題とか出てたし。

ただ疑問に思うこともある。
本書の中には,自由意志に関するトピックなんかがあるが,
それは今のところ科学の領域ではないのではないだろうか。
すべての問題に科学で立ち向かうのナンセンスだろう。

届かない場所がある。
2013年生きてる人は,2213(=2013+200)年では全員死んでいるだろう。
2113(=2013+100)年に人類が地球外惑星で繁栄することはないだろう。
2063(=2013+50)年に人類はエネルギー問題を解決できないだろう。
このような問題を現在の科学で挑むのは無謀だろう。
なにも研究に意味がないわけでない,
もしかするとブレイクスルーが起こり,これらの問題を解決できるかもしれないし,
本書で言っているが長期的な視点を持つことは大切なことだ。
その届かない所は,思想や宗教や他の学問がある。
それら学問を比較して,科学VS宗教という対立は好きじゃない。
アイザック・アシモフは,「科学者が正しいと言うことは出来ないが,非科学者が正しくないと言うことはできる」
のような事を言ったが,正しい正しくないで捉える視点は疑問を禁じ得ない。

あと,「純科学」に関するトピックがあるが,これも疑問。
純科学というものが何を意味するか少し曖昧だが。
そもそも研究とは,基礎理論があってそこから発展していく。
何故だか分からないが,こういういい結果が出たので理論を作ってというのは,よろしくない。
私は工学よりの理学分野だったんだが,工学分野ってのはある程度の答えが必要になるため,
それに科学的な有益さを持たなくても結果を求める人が多い。
逆に理学分野は,結果(実績・利益?)を求める必要が工学よりないため,
答えが見つからなくてもよしという風潮がある。
どちらがいいか一長一短には言えないが,
純科学を軽視するのは危険ではないだろうか。

こういう態度を身につけようというのは大切。
日本人は科学に盲目的すぎるというのはある。

☆☆☆

a1150_001174small.jpg

関連記事

  1. 2013/03/02(土) 21:37:59|
  2. 本 ☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[海外ドラマ感想] CSI:12 科学捜査班の1話先行放送 | ホーム | [漫画の感想] それでも町は廻っている 11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/419-d70b4913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。