One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語



「時間」の真の意味を問う,ドイツの作家ミヒャエル・エンデ(1929-95)の人気ファンタジー『モモ』.しゃれた造本で,やや大人向きの美しいスペシャル・エディションをお届けします. --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。(Amazon)

ミヒャエル・エンデの作品って「はてしない物語」しか読んだ事がなかった。
「はてしない物語」を読んだことがない人は,
映画の「ネバーエンディング・ストーリー」の原作と言えばいいか。
(ゴタゴタは色々あったが,映画も好きです。)
その「ネバーエンディング・ストーリー」も以前は,
深夜にテレビで放映されてたけど,
最近は放映されてないから知らない人の方が多いのかな。
これは時間泥棒の仕業に違いない。

この本の道徳的な価値観ってのは,
昔よりずっと必要になってきているんんだろうな。
およそ40年くらい前に出版された本ではあるが,
大量消費社会になりつつある当時の時代に
警鐘を鳴らす役割を果たすため登場したのだろう。
残念ながら,その流れは今でも大きな大河となってしまおり
この本の必要性はなくなっていないのが,良いやら悪いやら。

児童文学らしく,時間の大切さという,
ある種の教訓めいたものが暗に提示されてるが,
これが読んでみると,結構共感ができ大人になってみるからこそ
見えてくるものもあるだなと思うことができる。
もしかすると,すっかりすれた大人になってしまった私だからこそ,
こう言った道徳的な物語が必要になっているのかもしれない。

時間の節約=有益な人生という効率的な生き方が,
実は人間らしい生活を阻害しているという皮肉。
無駄なこと,無意味なことを楽しんでこそ人生は花開く。
重要なことだ。

児童文学って,それを読むのに適した世代って私は全然読まなかったので,
結構見落とした本ってはありそうだ。
こういう路線を今後攻めていくのもありだね。

☆☆☆☆

a0990_001426small.jpg

関連記事

  1. 2013/02/16(土) 09:24:14|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<[本の感想] 仏教入門 | ホーム | [日記] 返し>>

コメント

ネバーエンディングストーリーは映画見ました。しかも前売り券を買ったので非売品のピンバッチも持ってます。今も。ストーリーよりも特撮の怪物たちに心を持っていかれました。モモはラジオドラマで聞きました。モモの声は市原悦子さんでした。ホルスの冒険のヒルダを思い出させる声でしたが、わたしって年寄でしょうか??
  1. 2013/02/16(土) 10:51:53 |
  2. URL |
  3. 米蔵 #-
  4. [ 編集 ]

何かとっても貴重な事を暗示してる本ですね、興味引かれます、さっそくチェックしてみます!
  1. 2013/02/16(土) 11:19:18 |
  2. URL |
  3. 駄菓子屋SUN太郎 #xo2ligvU
  4. [ 編集 ]

「モモ」は亡くなった父が昔買ってくれて、
「これを原作に漫画描いてみたら面白いよ」と言ってくれたのですが、
私の画力ではとても絵にできそうになく、困ってしまったという思い出があります。
最近やっと「1Q84」を読んでいて「はてしない物語」を思い出したところです。
「モモ」も「はてしない物語」も持っていた筈ですが、昔の事ゆえ、どこかに行ってしまいました。
諸々、懐かしく読ませていただきましたので、コメントさせていただきました。
いつも見に来てくださって、ありがとうございます。
では…。
  1. 2013/02/16(土) 14:15:55 |
  2. URL |
  3. 葉牡丹 #-
  4. [ 編集 ]

“モモ”の好きな一節、

 …… なぜなら、いま彼女が身をもって知ったこと ―― それは、もしほかの人びととわかちあえるのでなれれば、それを持っているがために破滅してしまうような、そういう富があるということだったからです。

つまり、精神的な富を分かち合ってくれる人がいなければ、
その心の豊かさは ―― 豊かであるゆえに ―― 、その豊かさの持ち主を壊してしまうだろう、
ってことです。

いいでしょう?
  1. 2013/02/16(土) 22:41:39 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/02/16(土) 23:27:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

果てしない物語はすごい作品ですよね
児童文学としては最高峰だと感じます
いまでもたまに読みます
映画も一部はできがよかったと記憶してます

モモもいい作品ですね
内容は素晴らしいのですが日本語訳の亀の台詞、片仮名にしなくてもいいのに…とそこだけ残念に思いました

この系統の作品で有名なものに 星の王子様 がありますが…
最近新訳がされてより作品の意図が伝わりやすくなっています
良ければレポってみて欲しいです
  1. 2013/02/19(火) 02:19:28 |
  2. URL |
  3. きるは #-
  4. [ 編集 ]

昔よんだはずですが内容覚えてない
図書館で借りてきて読もうっと
  1. 2013/02/19(火) 20:50:39 |
  2. URL |
  3. ふぁみ♪ #96/c3Pf6
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おっこさん コメありがとうございます

モモを読むと色々と考えさせれますよね。

それを含めて大人の選択ってことで!
  1. 2013/02/22(金) 08:28:40 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ネバーエンディングストーリーは映画見ました。しかも前売り券を買ったので非売品のピンバッチも持ってます。今も。ストーリーよりも特撮の怪物たちに心を持っていかれました。モモはラジオドラマで聞きました。モモの声は市原悦子さんでした。ホルスの冒険のヒルダを思い出させる声でしたが、わたしって年寄でしょうか??

米蔵さん コメありがとうございます

私は映画放映より後に生まれたんで,
ネバーエンディングストーリーはテレビで観ましたね。
ホルスの冒険はまだ見たことないですね。

映画館で見てみたかったなぁ。
  1. 2013/02/22(金) 21:45:04 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 何かとっても貴重な事を暗示してる本ですね、興味引かれます、さっそくチェックしてみます!

駄菓子屋SUN太郎さん コメありがとうございます

児童文学って,色々な発見がありますね。
  1. 2013/02/22(金) 21:46:10 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 「モモ」は亡くなった父が昔買ってくれて、
> 「これを原作に漫画描いてみたら面白いよ」と言ってくれたのですが、
> 私の画力ではとても絵にできそうになく、困ってしまったという思い出があります。
> 最近やっと「1Q84」を読んでいて「はてしない物語」を思い出したところです。
> 「モモ」も「はてしない物語」も持っていた筈ですが、昔の事ゆえ、どこかに行ってしまいました。
> 諸々、懐かしく読ませていただきましたので、コメントさせていただきました。
> いつも見に来てくださって、ありがとうございます。
> では…。

葉牡丹さん コメありがとうございます

モモとかはてしない物語って,
あのハードカバーがいいんですよね。
  1. 2013/02/22(金) 21:48:58 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> “モモ”の好きな一節、
>
>  …… なぜなら、いま彼女が身をもって知ったこと ―― それは、もしほかの人びととわかちあえるのでなれれば、それを持っているがために破滅してしまうような、そういう富があるということだったからです。
>
> つまり、精神的な富を分かち合ってくれる人がいなければ、
> その心の豊かさは ―― 豊かであるゆえに ―― 、その豊かさの持ち主を壊してしまうだろう、
> ってことです。
>
> いいでしょう?

青梗菜さん コメありがとうございます

好きなセリフを書けるっていいですね。
そのためのブログということですね。
  1. 2013/02/22(金) 21:56:16 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 果てしない物語はすごい作品ですよね
> 児童文学としては最高峰だと感じます
> いまでもたまに読みます
> 映画も一部はできがよかったと記憶してます
>
> モモもいい作品ですね
> 内容は素晴らしいのですが日本語訳の亀の台詞、片仮名にしなくてもいいのに…とそこだけ残念に思いました
>
> この系統の作品で有名なものに 星の王子様 がありますが…
> 最近新訳がされてより作品の意図が伝わりやすくなっています
> 良ければレポってみて欲しいです

きるはさん コメありがとうございます

サン=テグジュペリは,人間の土地を読みたいなと思っています。
星の王子様は,岩波の新板が出た時に読んじゃったんですよね。
  1. 2013/02/22(金) 22:00:59 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 昔よんだはずですが内容覚えてない
> 図書館で借りてきて読もうっと

ふぁみ♪ さん コメありがとうございます

そういう事はよくありますよね。
再読するのもいいもんだと思います。
  1. 2013/02/22(金) 22:02:28 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/404-faf68899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。