One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 世界は密室でできている。



十五歳の僕と十四歳にして名探偵のルンババは、家も隣の親友同士。中三の修学旅行で東京へ行った僕らは、風変わりな姉妹と知り合った。僕らの冒険はそこから始まる。地元の高校に進学し大学受験―そんな十代の折々に待ち受ける密室殺人事件の数々に、ルンババと僕は立ち向かう。

今年もあと数日もすれば芥川賞・直木賞発表だ。
ちなみに,直木賞の正式名称は直木三十五賞。
私は数年前まで知りませんでした。
なぜか直木賞って志賀直哉と関係があると思ってた。
まったく関係ないんだけど,あれはなんだったんだろう。

例によって,また舞城王太郎が候補にノミネートしている,
ウワサを聞く限り,今回も受賞は望み薄だろう。

私にとって舞城王太郎は鬼門だ。
舞城の作品はまだ両手で数えるほどしか読んでないが,
確かに作品自体から,
なにか変なエネルギーというか妖気とでもいうものが出ているんだが,
それが海のものとも山のものとも分からない。
それでも好きなのが,「九十九十九」なんかで,
好みじゃないのが「好き好き大好き超愛してる。」なんかだ。
つまりミステリとしての舞城の面白さはなんとなく分かるが,
恋愛関係の彼の作品は,どこが面白いのかイマイチ分からない。

舞城の恋愛小説を読むと,なんていうか
針のむしろにいるような不安さがある。
純愛ものってのは,ずっと語られてきている普遍のジャンルであるのに,
どうして舞城の手にかかると,こんな物語が出来てしまうのか。

私が舞城の良さが分かるのは,今のところミステリ小説だけで,
たまにソレさえ本当にそうなのかと思う時もある。
その最たる時が,ディスコ探偵水曜日を読んだときだ。
今半分読んで,積んどく状態。
あれは舞城初心者の私にはまだ無理,もう少ししてから読みたい。
もしかしたら,舞城王太郎が芥川賞をとる日の方が,早いのかもw。

じゃあこの本はどうなのか。
すごく読みやすく,それでいて登場人物の赤裸々で暴力的な感じは,舞城の作品らしい。
登場人物の表向きは無機質のようでいて,実は深く暑い友情,嫌いじゃないぜ。

でも,九十九十九やディスコ水曜なんかと比較してしまうと,
どうしてもあの毒々しい舞城成分が弱い気がする。
弱いから読みやすいという,なんか本末転倒という感じだ。
ただこうやって舞城作品を一回ですらすら読めてしまうってのも,なんだかいい。
初期の「煙か土か~」もなんだけど,この頃の作品って,今の舞城作品から見るとまだヌルかったんだね。
ミステリでありながら,推理がおざなりな感じがするが,これはいつも通り。
ただ,ディスコ探偵水曜日を読んでから,
このミステリも実は超考えに考えにぬいた結果なのかも思ったりも,どうなんだろうね。

分からないや。
ルンババにでも聞いてくれ。私はあと何冊か読んで見てからにする。

そう言えば,舞城版ジョジョ見てないな,
図書館に入らなかったんで,そのまま放っておいたんだった。
これを機会に自腹で買ってみるか。
それとも今月末の舞城新作を買った方がいいんだろうか。

a1180_006733small.jpg

☆☆☆☆

関連記事

  1. 2013/01/14(月) 21:55:09|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<[本の感想] 森の生活ウォールデン | ホーム | [日記] ポテトが食べたかった>>

コメント

ディスコ探偵

初めまして(*^^*)
舞城氏、何度か挑戦したものの私にはまだ難しく、挫折したクチです‥
ディスコ探偵はやはり半分ほど読んで「これは私にはまだ早い」と諦めました。
密室、面白そうですね!
密室という言葉を聞いただけで血がざわざわするのは私だけでしょうか。
  1. 2013/01/15(火) 10:07:08 |
  2. URL |
  3. 庭先に降る雨 #-
  4. [ 編集 ]

「針のむしろ」

《針のむしろにいるような不安さがある。
純愛ものってのは,ずっと語られてきている普遍のジャンルであるのに,
どうして舞城の手にかかると,こんな物語が出来てしまうのか。》

 「針のむしろ」という表現が面白いと思いました。
 一時も休まる暇が無いとという物語はどんな物語なのでしょうか?
 台どんでん返しの連続なのでしょうか?

  1. 2013/01/15(火) 17:55:23 |
  2. URL |
  3. タケゾウ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 「針のむしろ」

> 《針のむしろにいるような不安さがある。
> 純愛ものってのは,ずっと語られてきている普遍のジャンルであるのに,
> どうして舞城の手にかかると,こんな物語が出来てしまうのか。》
>
>  「針のむしろ」という表現が面白いと思いました。
>  一時も休まる暇が無いとという物語はどんな物語なのでしょうか?
>  台どんでん返しの連続なのでしょうか?

タケゾウさん コメありがとうございます

なんていうか文体にスピード感があるんですよね。
そのスピード感が,読んでいて読者不安にさせるというか。
スピード出し過ぎじゃないか,大丈夫?という感じ。

トリックは,ディスコ探偵を読むまでは,どうでもいいだと思ってたんですが,
ディスコ探偵を読むとどうもそうでないらしいみたいだし。
  1. 2013/01/20(日) 16:59:24 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: ディスコ探偵

> 初めまして(*^^*)
> 舞城氏、何度か挑戦したものの私にはまだ難しく、挫折したクチです‥
> ディスコ探偵はやはり半分ほど読んで「これは私にはまだ早い」と諦めました。
> 密室、面白そうですね!
> 密室という言葉を聞いただけで血がざわざわするのは私だけでしょうか。

庭先に降る雨さん コメありがとうございます

こちらから読んだ方がいいと思います。
ディスコ探偵は,舞城初心者にはハードル高いですよね。
  1. 2013/01/20(日) 17:00:32 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/370-a8953d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。