One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 20歳の自分に受けさせたい文章講義



どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか?この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである著者が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう。 (Amazon)

ブログをはじめてから沢山の記事を書いてきたが,
そのおかけで,ある程度の時間で,
ある程度の文章量を書くことができるようになったのを今実感できている。

文章を書くためには,外と内側みたいなものを
鍛えていく必要があると思っている。
外側は,文章の形式みたいなもので,
内側は,内容みたいなものだ。
どちらも大切だし,
文章術系の本はどちらかに特化したような
作りになっていることが多い。
本書は良い意味で,どちらともうまく混同出来ているように思う。
決して中途半端なんかの言葉を使う必要がないほど
バランスがとれている,そんな本だ。

ただ思ったんだけど,こういう本を読む人ってどういう人達なんだろう。
大学のレポートやビジネス文書なんかを書くのなら,
形式メインの本を読んで,型にはめて作成するのが無難だろう。
気持ちを込めた手紙を書きたいのなら,
内容重視の本を読んで,気持ちを伝えようとするのがいいのだろう。
ならその中間とは。

著者は,ライターが本職であるらしいが
そういう文章を書く人なら,この本はピッタリなんだろう。
また,私のようにブログをやっていて日々記事を書いている人にもピッタリなんじゃないか。
そういう意味で,Amazonなんかにレビューを書いてる人達にも,この本はピッタリなんだろう。
それ故に評価が高いのは当たり前と言えるのかもしれない。

私はこの本を,本屋でPOPつきで宣伝していたので手にとった,
そのPOPも絶賛してたが(まぁPOPなんで絶賛するのは当たり前なんだけど),
つまりはそういうことなんだと思う。
文章を書く必要があるから,この本が目に止まった,そして内容もいいから高評価ということだ。

そういうことなら,私も高評価になるかなと思ったんだけど,そうはならなかった。
悪くはないんだけど,ちょっともの足りないかなというのが読了後の感想だった。
私は,文章術系の本をこれまでいくらか読んできたし,感想も書いてきた。
そろそろこのジャンルに飽きが来ているのかもしれない,
こういう教養系の本ってのは,同じジャンルを読んでいくと早く読めるようになるし,
言葉は違えど同じような事を目にすることも多々ある。
よっぽど,これまでに無いような新しく斬新な方法でないと,
もう目からウロコというのは厳しいのだろう。
オリジナリティがあって,面白そうなところもあったんだけどね,
文章とは翻訳することや,文体とはリズム,文章をカメラワーク,誰に向けて書くのかなどなど。
ただ唸らせてくれるかと言えば,まあまあいいんじゃないかなという感じだ。
しばらくこのジャンルから離れて見ようと思った,そんなことに気付かされた本だった。

a0007_002282small.jpg

☆☆☆☆

関連記事

  1. 2012/12/25(火) 03:30:12|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<[日記] もういくつ寝ると | ホーム | [日記] クリスマスにスパークリングワインを>>

コメント

書く

こんにちは、初めてコメントをしました。

文章を書くことが難しい、特にブログを初めて感じました。
普通に言葉で話するのはスムーズ言えるのですが!

文書に書くとなるとうまく書けない・・・・・現在悪戦苦闘中です
この年になって地味地味とわかりました(勉強しておけば・・)
参考にさせて下さい。
  1. 2012/12/25(火) 11:02:41 |
  2. URL |
  3. 還暦シーサー #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは
ブログを楽しく拝見しています
  1. 2012/12/25(火) 15:13:33 |
  2. URL |
  3. 日々の #-
  4. [ 編集 ]

Re: 書く

> こんにちは、初めてコメントをしました。
>
> 文章を書くことが難しい、特にブログを初めて感じました。
> 普通に言葉で話するのはスムーズ言えるのですが!
>
> 文書に書くとなるとうまく書けない・・・・・現在悪戦苦闘中です
> この年になって地味地味とわかりました(勉強しておけば・・)
> 参考にさせて下さい。

還暦シーサーさん コメありがとうございます

私は書いていくと,自然文章量が増えて言ったんで,
気軽にやっていけばいいと思います。

あとタッチタイピングができてるお陰というのもあるのかも。
  1. 2012/12/28(金) 20:44:15 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> こんにちは
> ブログを楽しく拝見しています

日々のさん コメありがとうございます

ブロブ見てもらってありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
  1. 2012/12/28(金) 20:44:43 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/350-59bb77b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。