One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 清涼院流水の小説作法



キャラクターと人間の違いを意識しよう。長編は場面分割で書き上げる。理想の文章は3通りある。新しい小説を生み出す方法。インプットには精読が重要。スランプの乗り越え方etc…公開。(Amazon)

あ~・・・。
予想はしてましたよ,だって清涼院流水だし。

●舞城版ジョジョみてないなぁ

清涼院流水,デビュー作『コズミック』という問題作を引っさげて登場して以降,
常に問題作を出してきた文学界の問題児ですね。
この『コズミック』を含むJDCシリーズ(トリビュート)は,
多くの作家もその設定を利用され,
最近では舞城王太郎版ジョジョにも,
JDCの探偵・九十九十九(つくもじゅうく)が登場しているそうです。
舞城は九十九十九大好きだな。

そんな本を多く出版している清涼院流水。
1200人の人間を1200の密室で殺害するという,
あらすじだけを聞いたらキワモノに分類されそうな『コズミック』や,
マイケル・ジャクソンの他伝?的小説(大説か)or音楽本や,
伝説のビジネス本『成功学キャラ教授 4000万円トクする話』なんかの
幅広いジャンルの本を出してきた作者の小説作法がこの本というわけです。
(キャラ教授は,本当に名作なんだけど残念ながらAmazonでも中古しかない始末,
私はブックオフで見つけました。コズミックも十分名作なんだけど人には勧められません。)

---
彼が書いてきたのは,自分では小説でなく大説だといっているけど
そこのところが気になる方はググって見てください。
説明面倒なので,ここでは紹介だけにしておきます。
---

●大説?小説?境界?
恐らく,いやきっとこの本を読んでも小説は書けないだろう。
例え書けたとしても,
劣化版清涼院流水になるだけで,
そんなものには意味がないだろう。

清涼院流水は小説を書く気がない,
故に小説について理解してきた人物だろう。
規範を逸脱するには,その規範を知らなければならないという事です。
そうして小説を理解したのかもしれないが,
この本で示されているのは,
ほとんどが彼流の書き方の説明ではないか。
そう,この本は通常の小説作法本に加えて,
彼の自伝というようなモノがいたるところに挿入されている,
というか自伝がメインなのだ。
自伝に小説作法が少し挿入されているというのが正しいだろう。

そして読了後の私が思ったのは,清涼院流水の視点から小説を書いたとしても,
それはすでに小説でなく大説になっているのではないかというツッコミだ。
だって,この本は小説と大説という切り口から,
小説の書き方を紹介しているが
私はその境界がどこにあるのか,ついぞ理解することができなかった。
境界があると分からなければ,それを逸脱してしまうのは容易ではないだろうか。
つまりこの本も彼の問題作の一つなのだ,はは案の定ということだ。

他の楽しみ方として,
彼の作品はどのように出来上がるのか,
気になる人(信者>?)は読んで損はないだろう。
(いや,もしかすると読まないほうがいいのかもしれない。)
この本は作者が自分の手の内をある程度明かしている,
作品外で作品を説明してしまうと,
作品の解釈のウチを狭めてしまうおそれがある可能性ある。
ただ,私が読む限り別段そういう所はなかったので大丈夫なはず。
なので小説作法として楽しんでもいいし,
自伝として読むのもありではないだろうか,
その時はもちろん清涼院流水のという事を忘れずに。

a0990_000162.jpg

☆☆☆

関連記事

  1. 2012/11/03(土) 23:46:18|
  2. 本 ☆☆☆
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<[日記] 花椒その重要性 | ホーム | [日記] ラーメンを2杯>>

コメント

小説ですかぁ(`・ω・´)
  1. 2012/11/04(日) 07:24:56 |
  2. URL |
  3. 丹狐 #-
  4. [ 編集 ]

初コメです。

こんにちは。

まさか、清涼院流水を知ってる方がいるとは思っても見ませんでした……
身近にそんな人いなかったもので。

彼の物語はおもしろいけれども、やはり独特ですからね。
ボクが一番好きなのは『19ボックス』ですね。
ほかのも十分におもしろいですが、これは何度も読み返しましたし。
  1. 2012/11/04(日) 10:32:31 |
  2. URL |
  3. 栗栖紗那 #T7ibFu9o
  4. [ 編集 ]

>そして読了後の私が思ったのは,清涼院流水の視点から小説を書いたとしても,
>それはすでに小説でなく大説になっているのではないかというツッコミだ。

ぷぷぷ(笑)
そうなんですよね。清涼院流水さんに限らず、小説家の方が書く「小説の書き方」的な本って、そういう感じのものが多いような気がして、ヒメキリンさん、うまい事書くなぁと思い、ついつい書き込んでしまいました(笑)
  1. 2012/11/05(月) 10:38:32 |
  2. URL |
  3. ちまちま #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 小説ですかぁ(`・ω・´)

丹狐さん コメありがとうございます

小説書く気はないんですけど,
なんか感想書くのに役だったらと思い読んでみました。
  1. 2012/11/12(月) 10:08:33 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: 初コメです。

> こんにちは。
>
> まさか、清涼院流水を知ってる方がいるとは思っても見ませんでした……
> 身近にそんな人いなかったもので。
>
> 彼の物語はおもしろいけれども、やはり独特ですからね。
> ボクが一番好きなのは『19ボックス』ですね。
> ほかのも十分におもしろいですが、これは何度も読み返しましたし。

栗栖紗那さん コメありがとうございます

私はコズミック,一回目読んでしばらくほったらかしにしましたからね。
合わなければ,とことん合わないんですよね。

「19ボックス」は,まだ未読ですね。
清涼院流水の本って,Amazonで在庫ないし手に入れるの一苦労なんですよね。
でも図書館には,結構おいてあることがあるんで重宝してます。
今度見つけたら,読んでみます。
  1. 2012/11/12(月) 10:12:37 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> >そして読了後の私が思ったのは,清涼院流水の視点から小説を書いたとしても,
> >それはすでに小説でなく大説になっているのではないかというツッコミだ。
>
> ぷぷぷ(笑)
> そうなんですよね。清涼院流水さんに限らず、小説家の方が書く「小説の書き方」的な本って、そういう感じのものが多いような気がして、ヒメキリンさん、うまい事書くなぁと思い、ついつい書き込んでしまいました(笑)

ちまちまさん コメありがとうございます

有名な作家さんって,もう独自の書き方みたいなものがあるんで
それを真似しようというの難しそうなんですよね。
彼らが,努力して獲得したものなんですから,
そうそう簡単に手には入らないですよね。
  1. 2012/11/12(月) 10:20:31 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/299-961b500c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【[本の感想] 清涼院流】

キャラクターと人間の違いを意識しよう。長編は場面分割で書き上げる。理想の文章は3通りある。新しい小説
  1. 2012/11/04(日) 10:11:26 |
  2. まっとめBLOG速報

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。