One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニュー・シネマ・パラダイスは人生

前にストレスを減らすには,泣くことがいいと知ったので,
それを実践するため,泣ける映画を借りて来て見ることに。

脳からストレスを消す技術の感想

その映画は「ニューシネマパラダイス」。
恋愛物より,こういう日常的な物を見たかったので。



シチリア島の小さな村にある映画館・パラダイス座。親の目を盗んではここに通いつめる少年トトは、大の映画好き。やがて映写技師の老人アルフレードと心を通わせるようになり、ますます映画に魅せられていくトト。初恋、兵役を経て成長し、映画監督として活躍するようになった彼のもとにアルフレードの訃報が。映画に夢中だった少年時代を懐古しつつ、30年ぶりにトトはシチリアに帰ってきた・・・。(Amazon)


●ライフイズビューティフル
私は今回が初視聴になる。
よく世間では,~は人生なんてことを聞くけど,
まさにニューシネマパラダイスは人生だった。

幼年期のすこしまったりしたような冗長した雰囲気があるけど,
年を重ねていくほどに,それに伴い苦さを覚えていくようになる。
甘い時もあれば,苦さを味わう時もある。
そうすると幼年期のあの思い出が途端に輝き出す。
不思議だ,あの幼年期の日常的がこんなに光り輝くものになるなんて。

そうして年を重ねて,人々の出会いと別れを繰り返していくうちに,
今の自分の契機ともなった人の死の知らせ聞き,
自分の過去を振り返ることになる,
人生がいくつもの選択によって成り立つなら,
あの時選ばなかった,選べなかった選択していたらどうなったか,
そう考えるのが人間の常なのだろう。
でもあの時にはもうもどれないとしても,あの時がまた輝き出すんだよね。

見終わった後,ホロリと泣かされてしまった。
こういう日常的な映画もいいもんだ。
少し心が軽くなった気がしたし,いいストレス軽減になった!

●その時その時で違う表情をみせる
この映画を学生の時に見たらあまりおもしろくなかったかもしれない。
そんなことを思ったり,
もしかしたら10年後みたらもっと感動したりするかもしれないなんかとも思ったりする。
こんなに年齢で評価が変わりそうな作品って,「スタンド・バイ・ミー」依頼だ。
こういのが日常系の映画の魅力なんだと思ってたりする。



精神年齢ってのは,20代以降変わらないっていうけど,
人生経験はどんどん積み重なっていく。
それが映画を見る上でスパイスになって,
その時その時でいろんな味わいを与えてくれる。
年をとるってのは悪いことばかりじゃないんですね。

a1180_002914small.jpg


関連記事

  1. 2012/07/29(日) 19:39:35|
  2. DVD・TV・映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<麒麟の翼~劇場版・新参者~ を見た。映画その境界はどこにあるのか。(少しネタバレあり) | ホーム | すっきり! わかりやすい! 文章が書ける>>

コメント

印象に残る映画でした!

おはようございます。
この映画、とっても素敵でした。
もう一つ、イタリア映画で「イル・ポスティーノ」と云う郵便屋さんの映画がありますが、これも日常の淡々とした流れがあって強烈な印象でした。主演の男優は、この映画の完成後、残念なことに病没してしまいますが、病気を押しての出演にも、彼の特別な思い入れがあるようです。松田優作さんとは異なりますが、創る姿勢は共通しているかと。
  1. 2012/07/29(日) 23:21:38 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

Re: 印象に残る映画でした!

> おはようございます。
> この映画、とっても素敵でした。
> もう一つ、イタリア映画で「イル・ポスティーノ」と云う郵便屋さんの映画がありますが、これも日常の淡々とした流れがあって強烈な印象でした。主演の男優は、この映画の完成後、残念なことに病没してしまいますが、病気を押しての出演にも、彼の特別な思い入れがあるようです。松田優作さんとは異なりますが、創る姿勢は共通しているかと。

yokoblueplanetさん
コメありがとうございます。

日常でもこういう風に見せれば素晴らしいですね。
イタリア映画ってこういう作品が多いんですかね。
あんまりイタリア映画って見た記憶がないんですよね。

見つけたら見てみようと思います。
おすすめ映画ってみんな結構もってるんですね。
  1. 2012/07/29(日) 23:34:23 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
私にとって、映画と言えば「ニュー・シネマ・パラダイス」です。
初めて観た時の感動は忘れられません。
圧倒的なラストシーン。
あんなに自然に、あんなに沢山の涙がでてくるなんて!

私はもともと日常的な映画が好きで、ヨーロッパも好きなんです(笑)
久しぶりに観てみようかな。
  1. 2012/07/30(月) 00:31:09 |
  2. URL |
  3. ゆっらす #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> こんばんは。
> 私にとって、映画と言えば「ニュー・シネマ・パラダイス」です。
> 初めて観た時の感動は忘れられません。
> 圧倒的なラストシーン。
> あんなに自然に、あんなに沢山の涙がでてくるなんて!
>
> 私はもともと日常的な映画が好きで、ヨーロッパも好きなんです(笑)
> 久しぶりに観てみようかな。

ゆっらすさん
コメありがとうございます。

映画館で見れてたら感動もひとしおなものだと思います。

私が好きなシーンは,中年期に母親になぜ再婚しなかったのか聞くところと,
青年期に騎士の話の答えをアルフレードに自分なりに答えるところですね。
それぞれの彼のその時その時の心境をみるシーンが好きですね。

私は先日までこの映画のことを知りませんでした。
時間的にも地上波で放映可能なのに,記憶にないんですよね。

  1. 2012/07/30(月) 01:42:58 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

ニューシネマパラダイスもスタンド・バイ・ミーもいい映画ですね。
振り返ってため息をつく、人生を遡航できるならそうしたいと、強く感じる映画だと思います。
成熟と喪失。成熟で得るものは多いですが、そのことで失うものは、いつもほろ苦さがつきまといます。

僕がもう一度見たいと切望しているのはアラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ、ジョアンナ・シムカス主演の『冒険者たち』です。
1967年制作のこの映画が日本で上映されたのは69年ではなかったかと思うのですが・・・。
封切りで見て、ストーリーだけでなく、映像のの美しさに圧倒されました。青春映画の最高傑作だと思っています。
何年か後に再上映されたのを見ましたが、フィルムが荒れていてピュアーだった景色がくすんでいて見るの耐えない映像になっていました。レンタルビデオもレンタルDVDも見ましたが、封切り映像の新鮮さはありませんでした。

昔のフィルム映画をデジタル処理し元の画質に戻しDVD化した復刻版が出回るようになりましたが、その手法で蘇らせて欲しいと思っているのですが・・・。
  1. 2012/07/30(月) 10:31:42 |
  2. URL |
  3. たかのつめ #9GE0tqGA
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ニューシネマパラダイスもスタンド・バイ・ミーもいい映画ですね。
> 振り返ってため息をつく、人生を遡航できるならそうしたいと、強く感じる映画だと思います。
> 成熟と喪失。成熟で得るものは多いですが、そのことで失うものは、いつもほろ苦さがつきまといます。
>
> 僕がもう一度見たいと切望しているのはアラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ、ジョアンナ・シムカス主演の『冒険者たち』です。
> 1967年制作のこの映画が日本で上映されたのは69年ではなかったかと思うのですが・・・。
> 封切りで見て、ストーリーだけでなく、映像のの美しさに圧倒されました。青春映画の最高傑作だと思っています。
> 何年か後に再上映されたのを見ましたが、フィルムが荒れていてピュアーだった景色がくすんでいて見るの耐えない映像になっていました。レンタルビデオもレンタルDVDも見ましたが、封切り映像の新鮮さはありませんでした。
>
> 昔のフィルム映画をデジタル処理し元の画質に戻しDVD化した復刻版が出回るようになりましたが、その手法で蘇らせて欲しいと思っているのですが・・・。

たかのつめさん
コメありがとうございます。

60年代ですか,その頃の映画ってほとんどノータッチですね。
私が映画を見だしたのって,80年もの以降がほとんどなんですよね。
古典ならいくつか見てきたんですけど。
2001年宇宙の旅とかなら見たかなくらいですね。
あれの原作と映画の違いには驚きを禁じ得なかったなぁ。
この時はもうカラーなんですね。
ココらへんの文化観が足りないんですよね。

面白そうな映画ですね,今度機会があったら見てみたいです。
  1. 2012/08/01(水) 07:00:27 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

ニューシネマパラダイスは、私の一押し映画の1つです。感動とはこういうもの!
でも、ディレクターズカットは、最後がしつこいと聞きました。私は、リアルタイムで映画館でオリジナル版を観ているので、DVDもオリジナル版が好きです。何度観てもいい映画です。テーマ音楽をピアノで弾きながら1人感動することもありますね~~~。あ~、懐かしい。
  1. 2012/08/02(木) 16:49:04 |
  2. URL |
  3. lakme #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ニューシネマパラダイスは、私の一押し映画の1つです。感動とはこういうもの!
> でも、ディレクターズカットは、最後がしつこいと聞きました。私は、リアルタイムで映画館でオリジナル版を観ているので、DVDもオリジナル版が好きです。何度観てもいい映画です。テーマ音楽をピアノで弾きながら1人感動することもありますね~~~。あ~、懐かしい。

lakmeさん
コメありがとうございます。

ニューシネマパラダイスって,
何度見ても,そのたびに新しい発見がありそうですね。
私は恋愛物で泣くより,こういう映画で泣きたいですねw。

ピアノ引けれるんですね,楽器ができるっていいですね。
ピアニカぐらいです。
  1. 2012/08/05(日) 10:13:52 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/199-c5f8393a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。