One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西洋美術史入門



名画に隠された豊かなメッセージを読み解き、絵画鑑賞をもっと楽しもう。確かなメソッドに基づいた、新しい西洋美術史をこの1冊で網羅的に紹介する。(Amazon)

●絵のコードを共有する
絵を読むということ。
いやこれは新鮮な視点だった。
美というもの最終的に個人の主観によるところが大きいと私は思っている。
そう思ってた。

しかし,この本書の目的である図像解釈学といのは面白い。
美術史とは,その歴史の中で美術に歴史的解釈を持ち込むものであるというのだ。
その絵が,その当時書かれたとのには意味があるのだ。

●創られるに意味がある

創作された意味として考えるなら,
当時の書き方,はやり,モチーフなどだ。
例えば,古代建築のピラミット。
それを作るには絶大な権力がいる。
美的追求と経済原理がまっこうにぶつかっている。
それをやり通す。
それには強い指導者の存在が不可欠となる。

こういう時代背景がすべての作品がある。
それを理解することで,異なる観点から見ることができる。

他にもこの本では,絵の技法がなぜはやり・廃れたの説明されているのがいい。
・古典的手法より,キュビズム・フォービズムが流行ったのか。
・なぜスーラは,点描という技法にたどり着いたのか。
それには意味がある。

また時系列順にどういうふうに美術品がもてはやされきえるのか
それを理解するのは意味深い。
客観的視点が主観視点に影響を及ぼす。

●辿りつけない
私は美術を見るのに,なにか軸となる視点が主観以外にあるのではないかと感じていた。
しかしこの本を読むことで,複数の視点を手に入れたが,軸は見つからなかった。
いやこの本は,見るということに補足を与えてくれるには違いない。
だけど私は,主観・美しさに言語的な視点を手に入れたいとしているのだと自分で理解している。
まだ私の美術鑑賞本を探す旅は終わりそうにないな。
ああ美術とは難しい。

a0027_001370.jpg


☆☆☆☆
関連記事

  1. 2012/06/08(金) 18:24:16|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<悲鳴伝 | ホーム | 武器としての決断思考>>

コメント

絵と文字の関係

はじめましてラディッシユ観測所のradishです。

ヒメキリンさんと同感です。
絵を読むということ・・・現在は個人の主観に影響しますが、昔は読むための道具だったようです。
文字を読むことができない人々に、説明する場合では視覚的に、絵の方が伝わります。
絵が記号になって文字になるまでの過程に似ています。
現在は文字が読める人が増えて、絵は文字で伝えられないものを表現する道具になっています。
  1. 2012/06/09(土) 15:59:04 |
  2. URL |
  3. radish #Y7SJeVSc
  4. [ 編集 ]

Re: 絵と文字の関係

> はじめましてラディッシユ観測所のradishです。
>
> ヒメキリンさんと同感です。
> 絵を読むということ・・・現在は個人の主観に影響しますが、昔は読むための道具だったようです。
> 文字を読むことができない人々に、説明する場合では視覚的に、絵の方が伝わります。
> 絵が記号になって文字になるまでの過程に似ています。
> 現在は文字が読める人が増えて、絵は文字で伝えられないものを表現する道具になっています。

radishさん
コメントありがとうございます。

文学作品もそうですけど,作者の意図を読み取るのはいつも難しいもんですね。
絵画ってのは,言葉でないぶんいろんな解釈が可能ですし,
でも時々そのいろんな解釈というのは正しいのかと思うことがあるんですよね。
  1. 2012/06/10(日) 18:00:35 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。遅ればせながらコメント致します。

図像解釈学に興味を持たれましたら、若桑みどり『絵画を読む―イコノロジー入門』辺りもお奨めします。
学問としては、この図像解釈学(イコノロジー)というやつの難点は、文献重視で、文献や伝統に表れないような作品ごとの工夫が取り逃されることも指摘されています。
が、まず基本的な絵の「読み方」を知っておくことは、古典絵画に関してはやはり必要でしょうね。
  1. 2012/06/10(日) 22:44:08 |
  2. URL |
  3. T.Y. #g6WVhGIo
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> はじめまして。遅ればせながらコメント致します。
>
> 図像解釈学に興味を持たれましたら、若桑みどり『絵画を読む―イコノロジー入門』辺りもお奨めします。
> 学問としては、この図像解釈学(イコノロジー)というやつの難点は、文献重視で、文献や伝統に表れないような作品ごとの工夫が取り逃されることも指摘されています。
> が、まず基本的な絵の「読み方」を知っておくことは、古典絵画に関してはやはり必要でしょうね。

T.Y.さん

情報有難うございます。
これから読む本の参考にさせてもらおうと思います。

なにぶん絵画鑑賞はずぶの素人なので,これから学習していければ思います。
  1. 2012/06/11(月) 02:55:01 |
  2. URL |
  3. ヒメキリン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/147-b68d0ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。