One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジークフリートの剣



「あなたは、幸せの絶頂で命を落とす」世界的テノールである藤枝和行が念願のジークフリート役を射止めた矢先、婚約者・有希子は老婆の予言どおりに列車事故で命を落とす。ジークフリート同様に“恐れを知らず”生きてきた和行だが、愛する人を喪った悲しみのあまり、遺骨を抱いて歌うことを決意した。そして和行の前に現れた美女―。今年度「本格ミステリ大賞」候補作家の渾身作。(Amazon)

●芸術+探偵
最近ミステリを読んでなかったので久しぶりにじっくりと読みました。
深水黎一郎の芸術探偵シリーズのスピンオフ作品。
エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ」や「花窗玻璃 シャガールの黙示」と読んだので,
続きを読んでみたくなり,図書館で検索。
ひとつ前の「トスカの接吻~」が読みたかったけど,図書館にあらず先に「ジークフリートの剣」を読むことに。
この作品の芸術についてのネタは,その濃さにいつも驚かされますね。
芸術探偵シリーズでは,絵画などの絵を扱ってましたが,今回は表紙からなんとなく想像がつきますね。

●舞台芸術オペラ
芸術探偵シリーズは例に漏れず,芸術のウンチク(教養というべきか。)が満載。
今回のネタは「オペラ」。
やばい,まったくタッチしたことのない分野だ。
webプラウザのオペラやオペラ座の怪人くらいしか「オペラ」を知らない。
つまり全然知らないというわけですね。

音楽と演劇が組み合わさったした芸術か,日本で言う能や歌舞伎みたいなもんかな。
もちろんそちらの方も私はまったくです。
うう,教養のなさが恨めしい。
クラシックぐらいならよかったんだけど。

文中で言ってるけど,
劇場というものまで芸術のシステムとして機能するなんて,深い深すぎる。
確かに演劇という面があるなら,そうだよな。
絵のような時間的に定常的な芸術と違って,
一期一会だからな。

なので全く下地のない分野を学んでいくのは,少ししんどいですね。
こういう芸術分野の多岐にわたって,論じることのできる作者の教養の深さはすごいの一言。
それを文中でうまく説明できていて素晴らしいな,本当に。

●表われないミステリ
ミステリらしい事件が起きず物語が進む?。

いや最初の占い師の占いが,ある程度ミステリをリードしてくれるのかな。
でもその事件だけだと,確かに事件なんだがミステリがないように見える。
ただのと言えば,言い方が悪いけど。
ミステリ中の警察がよく言う「事件性ない」,この一言だ。
むしろ占い師が主人公の和行に対しての占いでいわれたことが,
中盤から登場する女性のことをさしているのかと,勘ぐったほど。

中盤も終わりに近くなった頃に現れる,芸術探偵 神泉寺瞬一郎。
相変わらず終盤登場するのね。
名前がでなくても,文章中の風貌から簡単に分かっちゃうよね,さすがスーパーフリーター。
正解を駆けめぐる,フリーターって全然憧れないから不思議w。

本書は主人公≠探偵となっていて,おくまで事件の関係者なのでミステリぽさが少ないんだよね。
そして最後にいきなり現れて推理をかます神泉寺瞬一郎。
そこから分かる隠されたなぞが圧巻。
事件の謎だけでなく,オペラ「ニーベルングの指環」に関する謎も解いていくとは。
これは作者さん批評家として食べていけるんじゃねいのと思わせるほど。
だから,彼女は幸せの絶頂で死ぬといわれたのか,ニーベルングの指環と現実の物語の対比が素晴らしいな。

きちんとミステリしている。
推理ののち最後に舞台に上がる主人公の顛末が,
オペラという瞬間的な芸術の側面をみせるところが芸術探偵シリーズらしいね。

最後にこの物語の主人公が恋多きすぎて,MOGERO。

☆☆☆☆
関連記事

  1. 2012/05/24(木) 18:46:34|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新図書館について 高知の本の未来 | ホーム | ニッポンの書評>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/132-0c9e49f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。