One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと


これからは会社員こそ、1つの組織や場所にしばられないノマドワークライフスタイルで生きていくべき--本書ではそのための基本的心構えから、具体的な仕事・金銭・思考の実践トレーニング術までを公開。本田さんの、ハワイと東京、さらに世界中を移動しながら思考を磨き上げていくライフスタイルを貫く「法則」がわかります。「ノマドワークライフはお金がなくても有名じゃなくても、誰にでもできる。ただし、そのためのトレーニングが必要」と本田さんは言います。より「しばられない」人生に向けて、皆さんはこのトレーニング、どこから始めますか? AERAビジネスセミナーで常に満席の人気セミナーに大幅加筆してお届けします。 (Amazon)

ノマドワーカー【nomad worker】
《ノマド(nomad)は「遊牧民」の意》自宅や会社のオフィスではなく、喫茶店やファーストフード店などでノートパソコンやタブレット型端末などを使って仕事をする人。ノマド族。(goo辞書)

最近流行ってるノマド。
私が最初に耳にしてのは,新書「仕事をするのにオフィスはいらない。」だったかな。
それが最近ちらほら見かけるようになった。
スマホやモバイルルーターやLTEなどの魅力的な製品,技術がでてきたからな。

ちなみに私もWiMAX(モバイルルーター)使用して,お外で快適にITライフを過ごせています。
高知でも使えるんだぞ!!

私のノマドのイメージは,仕事机などがあるオフィスをもたず喫茶店や公共のスペースで,
モバイルアイテム(ノートPC,タブレット,スマホ)何かをつかって個人で仕事をしている感じだね。

高知でも,ドトールやスタバなどのカフェチェーンで見かけるね。
もしかしたら,そういうフリをドヤ顔でしてる人かもしれないけど。

もともと「ノマド」とは遊牧民のことをさすみたいだね。
この本は,私はイメージしているノマドのイメージよりもよりも,より遊牧民的生活を行なっているね。

彼にとってノマドライフとは,世界中どこでも収入を得,好きな場所で快適に仕事するライフスタイルを指している。
これは,我々のような世代には,魅力的に映るかもしれないよね。
年功序列が崩壊し,未来が見えない我々にとって,新しい価値観を彼は先人をきって我々に示してくれている。

この本を読むと,筆者にとってノマドってのは一過性の流行でないのが伝わってくる。

まあそれが良いとは限らないんですけどね。
突き進む場合は,どうか自己責任でおねがいします。

本書は,全体のわたって会社というシステムに組み込まれている個人がどうすれば,
ノマドライフに無理なく移行できるか,その案を提案している。
いきなり”会社に縛られたくないから今日からノマドライフ!”なんてバカなことをするなと言っているのだ。
当たり前だ,なにごとも安全に行動するため保険はかけるべきだよね。
そのことを本書では痛いほど言っている。

無責任な本では,どんどんノマド!みたな煽りが本書ではない。
現状のノマドライフを行う上で,安全に移行する方法をきちんと説明している。

ここで言っておくが,会社から出て何にも守られるものがなく不安ではないのかと思うだろう。
そりゃ不安だ。
その不安を抱えて進もうよっていってんだ。
まさに自由,それを愛せないならノマドライフは無理だ。
束縛から解き放たれようとしているのだ,労力は必要だ。
収入もへるかもしれない。
いや減る。
それでもノマドという言葉が流行ってるのは,現在の社会の閉塞感をどうかしようとする一つの流れなのかもしれない。

・・・ただ,ノマドってこの本では”うまく独立を果たして海外で住む方法””という印象が。
というか,ただそれだけって見方もできるわけだが・・・。
まあ,今流行ですからね”ノマド”。

☆☆☆
関連記事

  1. 2012/05/20(日) 19:40:07|
  2. 本 ☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<かまたまについて思ふ。 in たも屋 | ホーム | 自由をつくる自在に生きる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiironokirinn.blog77.fc2.com/tb.php/128-ebef54bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。