One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[漫画の感想] 怪物王女(20),南Q阿伝(2)



紅い大蛇が支配する街にて起こる怪異(『臨海王女』)、時空を超えた決戦場にて、姫の前に立ち塞がる最強の敵。そして王位を巡る闘いの最終決着(『召喚王女』『王女王女』『怪物王女』)の4編収録。(Amazon)

この巻で終わりなんだということをオビで知りました,
なんだろうスッと終わったなぁ。

伏線なんかは,ほぼ全部回収してるし,
決着もついたし,久々にこういうキレイな終わり方見たなぁ。
分岐した世界線もきちんと保管してあるのはいい。
今巻はほとんどヒロと姫がメインで,
ホラーというものはほとんどなかった感じだ。
最終巻ということで,どんどん風呂敷を畳んでいったので
どうしても尻すぼみ感はある。
覆面男やイスなんかはあれで終わりでいいんだよね。

最後の最後のヒロとの友情タッグ,
ブッチー愛されてるな。
まさかここまでのキャラに成長するとは。

作者・光永康則は他にも連載やってるし
ホラー分は,南Q阿伝に引き継がれるので
そこで再登場とかありそうだな。

☆☆☆☆



南久阿といふ蜘蛛神ありけり。かの神、神田太郎なる童子、銀子なる大狼、大蜘蛛と八咫烏を従へる。渡来神なる侵略者、土地神を荒ぶらせ、日の本を穢すものなり。南久阿、荒ぶる神を鎮め、渡来神を斃さんとす。 (Amazon)

今回は渡来神以外の敵勢力も出てきて,
こちらはこれからの話しの伏線になりそうな回でした。
インターネットの神様も登場したり,
こっちはこれからという感じだなぁ。

問題なのは全然怖くないんだよなぁ。
怪物王女と同じホラー路線なんだけど,
主人公が異能の力を持ってるんで,
怪異も力技で解決してしまって
怖さが薄れてる感じがするんだよなぁ。
他のメンツなんかも,クモの神様に巨狼だし。

そう言えば怪物王女の最終巻にナクア
登場してなかったなぁ。
もうこの神社に引っ越したということなのか。
そもそも怪物王女のナクアと同一人物でいいんだよね。

☆☆☆

a0960_004286small.jpg

スポンサーサイト

  1. 2013/04/11(木) 23:39:32|
  2. 漫画 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[漫画の感想] めしばな刑事タチバナ 9



あれ?前巻から今巻までの刊行スペースが早いような。
調べてみると前巻から2ヶ月という早さ。
4月からドラマ化もするという情報が帯に,
でもテレビ東京系ということで高知では視聴出来ません。

以下に各話感想。

・第100ばな アニバーサリー(土産)
確かに東京の土産で1番オールマイティーなのは,東京ばな奈だな。
あれは広い東京駅でもグルリと見回すと各売り場が目につくくらいだし買いやすい。
私も前は色々目新しいものを考えたりしてたけど,最近は無難が1番。
高知では土佐日記とかんざしかな。
ただ土佐日記はモチだから怖いんだよなぁ。
ようかんもある意味デフォだよね,デパートなんかで買う時は一考の余地あり。
若い子ってようかん貰ってもあまりという感じだけど,
私は貰い物がようかんだと結構ワクワクします。

・第101ばな 食パン/第105ばな 角食パン
トーストして,トースターやお皿の上にパンくずが落ちるのを
少なくする対策をしているメーカーがあるなんて,
すげぇめしばなを聞いてしまった。
確かにあれ地味に掃除が面倒なんだよな。
私は大手メーカーの食パンならダブルソフトが好きだけど,実家の方は超熟だったなぁ。
食パンってあれだけ多くのメーカーがあるってことは,それだけ好みがあるんだろうな。
これだけ食パン持ち上げてなんだけど,
私はパンならベーカリーなんかでフランスパンを買うほうが好きなんだけどね。

・第103ばな 天ぷらうどん
天ぷらうどんって重要なのは衣の方だよね。
本格的な天ぷらと違って天ぷらうどんの天ぷらは衣が分厚いからこそ意味がある。
高知のセルフうどん店は,揚げ玉とネギが入れ放題の店が多いんで,
別に天ぷらうどんじゃなくてもいいんだけど。
天かすの入ったかけうどんって美味しいんだよ。
あのジャンク感がたまらないんだよ。
ちなみにこの話で出てくる天ぷらというのはカップ麺に入ってる
あの円盤状の衣の固まりのやつです。
また私の故郷ではじゃこ天のことを天ぷらと言います。

・第104ばな カレーパン
私のよく行くパン屋さんでもカレーパンって色々出てるね。
最近あの揚げてない焼きカレーパンをよく買います。
油で揚げてない分冷めてギトギトになった油が気にならないので,
朝買って昼に食べても美味しい。
ただ言わせてくれ,カレーパンに福神漬けを入れるのはやめてくれ。
福神漬けの味が気になりすぎるんだ。
揚げたてのカレーパンに勝るカレーパンなし。

・第106ばな 豆腐サラダ牛丼
すき家の牛丼ライトってあること知ってたんだけど,
あれ豆腐入りだったんだ。
小さいサイズの牛丼かと思っていた。
ご飯の代わりに豆腐が入ってるのか,そうまでして牛丼を食べたいのか。
ご飯と牛丼のコンビを分けるとは,私の考えられない世界だ(牛皿とご飯のことじゃないよ)。
ホッカホッカのご飯に豆腐というのも美味しいよ。
前にタモリさんのレシピであったのを試してみて凄いよかったんだよね。

・第107-111ばな ラーメン・サバイバー
そう言えばラーメンショップって高知にないよなぁ。
あれ店構えを思い出すと,たまに無性に食べたくなるんだよね。
名物のネギラーメンが,今時のギトギト系ラーメンよりあっさりしていていいんだよね。
ただ高知にもないのかなと調べて見ると予想通りなかったんだけど,
私が故郷で良く行っていたラーメンショップって,
すごく透明で塩ラーメンみたいなスープの色だったんだけどなぁ。
店によってかなり違うんだろうか。
ラーメンショップの麺ってちぢれ麺なんだけどあれがいい。
ちぢれ麺結構好きなんだけど,最近ラーメン屋でもちぢれ麺見ないんだよな。

☆☆☆☆

a1380_001142small.jpg


  1. 2013/04/03(水) 22:35:44|
  2. 漫画 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

[漫画の感想] 山賊ダイアリー(3)



空気銃で鳥を仕留め、山を見回り、罠を仕掛ける。獲れた鹿を捌いて食い、余った肉で燻製作り、付け合せは河原で採れたクレソン。とはいえ、時には暗い山の中で数時間も過ごすハメに……狩猟は自然の恐怖と隣り合わせでもある。近代的なマンションに住みながら、ちょっと山まで狩りに行ける、猟師・岡本の生活をあなたも味わってみませんか? おまけの1話「天然スッポン」の回も収録。(Amazon)

猟師の世界も奥が深い。
3巻になっても変らない面白さ。
読んでると本当に猟をやってみたくなるなぁ,
こういうの男の子なら結構好きだろう。
子供の頃エアガンで遊んだりしたみたいなのの延長で。

それとは関係なく,お腹のほうもすきました。
今回目を引いたのは燻製回。
とってきたハトやイノシシを燻製に。
いいなぁ。
燻製好きなんだよ,でも自分で料理するのって
燻製って大変な作業なんだよな。
出来合いのものなんて少量でも高価だし。
しかも作るとなると匂いや煙が尋常じゃないから,
うちのみたいなマンションだと怖すぎる。
でもやってみたいなぁ。
燻製やるとしたら,外でになるけど
ああいうのを公園みたいな所でやっていいんだろうか。
火を使ったりするから,もちろんダメだろうなぁ。
キャンプなんかの機会にやってみるのもいいかも。
燻製された肉は言うまでもなく,
チーズにゆで卵,干物,ナッツなんか
好きにスモークして楽しみたいんだよね。
絶対お酒がすすむことはずだし,結局酒なんですね。

今回は他にも海のものも色々ハントしてるね。
ブルーギルなんて・・・食べてみたいじゃないかw。
増えすぎたブラックバスを一時期
食べて減らそうという話があって,
ブラックバス丼なんかもあったけど。
ブルーギルもアジみたいでいけそうな気は確かにするね。
ただ,川魚は独特の匂いがあるしどうなんだろう。
でも小さい魚は本当勘弁。
この前友人がアジを沢山釣ったからあげると言われて
貰ったのはいいんだけど,
アジが小さくて捌くのがしんどかった。
寒くて手がかじかむし,
フライにしても食べる所少ないし。
それでも南蛮漬けにして,数日楽しめたんで有り難かったけど。
ただ次はもっとコンビニのおにぎりくらいの大きさがあれば最高。
おまけでスッポン回もあるよ。

他にも狩猟免許回なんかあって,結構ディープな世界が垣間見られる。
いきなりの警察訪問により,抜き打ちチェック?なんて
きちんとお仕事しててご苦労さまです。(言外の意味なんてないです。)
そりゃあ銃なんて危険なものを,保持して管理するんだし,色々制約はあるだろうなぁ。

☆☆☆☆

a1180_007855small.jpg


  1. 2013/03/23(土) 23:47:49|
  2. 漫画 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

[漫画の感想] 草子ブックガイド(1)



東京の小さな古書店・青永遠屋(おとわや)に、楽園を見つけた少女・内海草子。どこにも居場所がなかった草子が、青永遠屋を通じて出会った本を、ひたむきに読み解くことで、徐々に人々や世の中と結びついていきます。この作品の最大の魅力は、読んだ本のポイントを繊細にすくいあげ、イメージ豊かに語り尽くす草子独自の「ブックガイド」。毎回草子が本の中に登場するキャラクターになりきって、鮮やかな「読み」を披露します。(Amazon)

感想と書評は違う。

書評とは本を紹介するために書くのであって,
その本を面白いと思わせなければならない。
そういう分けで,書評は結構ハードルの高いものである。
書評家である豊崎由美は,
書評とはその本を読む前に読むものであり,
批評とはその本を読んだあとに読むものであるといった。
書評や批評と違い,感想というのは誰でも気軽に
書くことが出来るものだと私は思っている。

気軽に書くことはできるけど,
書くとなるとまた難しいわけなんだけど。

そういう意味でこの漫画内での感想というのはよく出来ていると思う。
感想でありながら,この本を読んでみたいと思わせるのは,
感想文としてかなり優秀だと言えるだろう。
それを軸にしてお話が出来ているので,
面白くないわけ無いじゃないか。
感想文でありながら,これは良い書評となっている。
読んで損はない漫画だ,これは唸らざるをえない。
う~~ん,面白い。

西行の『山家集』の話なんて,すごく興味をそそられた。
感想を読んで,その本が読みたくなるなんて,最高の感想文じゃないか。

自分の感性の琴線にふれるものがあれば,
それがポジティブにせよ,ネガティブにせよ,
文字にして吐き出してやればいい,それで感想文になると思っている。
別になにも高尚である必要はない。
子供の頃,月曜日にジャンプを見て次の日に
今週のドラゴンボールは面白かったという話を友達としたような,
そんな延長で書いていけばいい。
どういうところが面白かったのか,
それを共有するのはいいことだと思し,
違うところがあればそれが気になるという感じだ。

結局感想というのは,
自分に対しての比較・分析なのだ。
それを外に向けようとすると書評のようなものが出来上がるわけだ。
というわけで,この漫画を数学的に表すと
感想∩書評の部分に存在する漫画です。
なぜ数学で表すのか,他意はない。

☆☆☆☆

a0960_004144.jpg


  1. 2013/03/17(日) 06:38:51|
  2. 漫画 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[漫画の感想] よつばと! 12,空が灰色だから5,名探偵マーニー 2

<よつばと! 12>


今回はキャンプ回がメインかな。

ウチも子供の頃キャンプ行ったが,あの頃は苦手だったなぁ。
キャンプと言えば,休みがとれる時期になるので
必然的に休みが多い夏ということになる。
夏って草木が生い茂って,虫も活発で(これは虫取りが出来てよかったけど),
鮎釣りなんかも出来たり,泳げたり,色々良い面もあるが,とにかく暑いのがまいる。
夏は外で汗をかくより,冷房のきいた室内でいるほうが好きだった。
なにも外に出るのが嫌いだったわけじゃないんだけど,
ラジオ体操とか毎日行ってハンコもらうのも,
学校のプールに泳ぎいくのも好きだった。
でもキャンプは別。

というわけで,
キャンプに行くなら春や秋が良い。
今巻では,どうやら季節は秋らしい。
夏のうだるような暑さがひいて,空気が澄んできて
夜は星空がキレイだろう。
私としては,キャンプにいくなら夏や冬なんかより,春や秋にいきたい。

キャンプいいなぁ,バーベキュー好きだ,外で飲む缶ビールも最高。

もちろん,今回のよつばにも癒される。

そして,とうちゃんの子育てスキルがいい。
ペンキでいたずらした時の対処とか,
夜中横で寝るまでいてあげるところとか。
優しい眼差しがいい。

☆☆☆☆

<空が灰色だから5>


最終巻となる今巻。
始めのエピソードは,まぁまぁ良さそうなエンディングを迎えていて,
微笑ましい感じで終わるのかなと思ってたが,そんなことはなかった。

最後1/4くらいから,どんどん暗雲が立ち込めてきて,
案の定のエンディングでお話が終わることに。

この物語らしい締め方といえば締め方だ。
青春の生々しさが凝縮したこの作品,
読んだ幾度に青春のほろ苦さが染み出てくる。
最後まで読者を不安にさせていく作品だった,いい意味で。

第52話の「僕と交流しよう」が一番好きだった。
その話を読見終わったら,ぜひ表紙をめくってみよう。
人はそう簡単に変われないw。

☆☆☆

<名探偵マーニー 2>


週刊誌連載ということで,
短期間で木々津作品が見れるのが嬉しいなぁ。
前巻は去年の終わりに出たはずだが,
次がもう発売という,これが週刊誌連載か。
少年誌なので,前作より直接的な表現は控えめなのが多いが,
よくよく読んでみると,
これ結構エグい話だよねというのが暗に示されていて,
面白くなってるんじゃないのかな。

file15の「NTR」なんて良かったなぁ。
恨みっこなしという言葉はあるが,
恨みというのはなかなか忘れることができないね。
結婚をふまえた恋愛には,くれぐれもご注意。
file13[双子]の自宅警備員は,クスっと笑わしてもらった。
完全装備な不審者w。

人のプライベートを覗きこんじゃうと,
時に信じられないモノを目にしてしまうという
話の作り方は面白くていい。

☆☆☆

a0960_004144.jpg


  1. 2013/03/12(火) 18:14:00|
  2. 漫画 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。