One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 道元を逆輸入する



こんな道元を待っていた。英語で読めば「現成公案」は、そして道元は、かえって身近になる! (Amazon)

これが今,一般の人が読むことのできる適切な
道元研究に関する仏教書だと思う。
著者・ネルケ無方は,安泰寺の住職だ。
この安泰寺というのは道元研究を目的としてつくられた
檀家を持たない禅寺だ。

「禅が教える「大人」になるための8つの修行」(祥伝社新書)で
正法眼蔵の最終巻・八大人覚が現代語訳された時,
他の正法眼蔵の巻も訳が出ないかなと言ったが,
そのド本命の現成公案のが出た。

・参考 禅が教える「大人」になるための8つの修行

この本では,正法眼蔵を英訳した後に
それを現代語訳するようなカタチになっている。
こういう経典が英訳されたもので,
パッと思いつくものに最近では般若心経を
現代語訳・英訳した「生きて死ぬ智慧 」が
あるが私はこういう試みは好きだ。
経典は意味の分からない歌などではない,教えなのだ。
意味の分からないままそらんじていったとしてソレがなんの意味になるのだろうか。



原文が悪いと言わないが,正法眼蔵の現成公案なんかは
難解すぎるのでやはり現代語訳というのは必要不可欠だと思う。
学術的な説明でなく,より一般の人に分かりやすい解説なら
この本で間違いないと思う。
あまりに深く潜りすぎると,正法眼蔵は身を滅ぼしかねない。
もちろん,彼の道元の思想の解釈は実に面白いと感じた。

本書は,1部で道元の生涯を振り返り
2部でいよいよ現成公案の訳に進んでいく。
1部の道元の生涯に関する考察は
私は今までの道元の生涯に関するもので,
すごく納得のいくものだった。
道元の伝記については,
「永平の風―道元の生涯」や「道元禅師」など多く出ているが,
これらの本の道元の持ち上げ具合というのは,
読んでいて少々ツラかった。



別に嫌いとというわけでなく,これはこれでいいんだが,
伝記なんてのは,英雄譚みたいなもんだが,
そんな上に持ち上げられてもなぁという思いが常に私の中にあった。
私は別に絶対的創造神を信奉しているわけではないし,
道元は日本の曹洞宗開祖であるかもしれないが,
それ以前に道元もただ人間なのだ。
別に彼を信仰するのは構わないが,私はしない。
それで構わない,それでいてこの道を進もうと思う。
著者・ネルケ無方の道元の生涯の振り返り方は,
道元という現実的な人間を私の前に表してくれる。
これが読みたかった。
どんな人間でもたかだか100年しか生きれないのだ,
全てに満ち足りるにはあまりにも短い時間だろう。

そして2部では,現成公案の訳が始まる。
この本ではじめの文を少しだけ訳して
最後から訳をし始める。
こちらのほうが,彼は現成公案を理解するのに良いと言う。
まぁ,現成公案に対する見解を示している市販本は,
「諸法の~」をすごく念入りに訳していくし,
現成公案は最初の文の方が難解なのは読んだ人なら知っているだろう。
しかもいきなり分節された世界や無分節された世界なんかの
話をされても一般の人が原文で読むがごとく
チンプンカンプンで同じようなことになるだろう。
そういう世界観を踏まえていることを言いつつ,
一般の人に分かりやすく説明する,これがこの本の最大のポイントだと思う。
別に学術的に勉強したい人は,道元に関しては色々出ているし,
そこら辺は困らないだろう。これはそういう本ではないのだ。
そもそも正法眼蔵は学術研究をするために道元が書き記したのでなく,
あくまでどのように生活すればいいのか,その実践を教えるためのものだ。
ところどころ話が大きく脱線するが,
これも道元の世界観だけでなく,仏教に限らず東西様々な話が登場し
読んでいて飽きることはない。
学生時代哲学を勉強しただけあって,こういう話の引き出しはすごく広い。
これがこの本を読んだ,1周目の感想だ。

☆☆☆☆☆

a0002_011303small.jpg

スポンサーサイト

  1. 2013/07/03(水) 06:22:03|
  2. 本 ☆☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

[本の感想] 道元の思想―大乗仏教の真髄を読み解く



「無常」の認識を突き詰めたとき、世界はどのようなものとして立ち上がるのだろうか。
仏教の基本教理であり出発点であるこの問いを、インドから日本にいたる大乗仏教の最先端で深め、
完成させた思想家こそ道元である。難解でなる主著『正法眼蔵』を具体的に読み解きつつ、
そこに描かれた世界観、善悪、因果を明解に示す。大乗仏教の展開や同時代人・親鸞との比較も
ふまえながら、彼のたどり着いた「さとり」の姿に迫る最良の道元思想入門。(Amazon)

正法眼蔵を軽く流し読みしてるのを
戒めていくれる本だった。
結局私は,思想書の類を読んでもその本の何たるかなんてものは
小指の先ほども分からない人間だ。
だからこそ,こういう解説書・入門書を
惜しげもなく読んでいこうと思う。
その方が最終的に自分にとってためになるだろう。

NHKブックスから出ているが,
これはどちらかと言うと専門書よりなレベル。
(私の中でNHKブックスは新書レベル。)
とにかく文章がかたい,論文を読んでみる見たい。
駄目だまぶたが重くなっていく,そんな中四苦八苦しながら読みました。
こういうのが大学の専門講義なんかで使用出来る本なのかな。
(自分は文系でないんでここらへんはよく分からないが。)
そんなイメージを持ってしまう本だ。
後ろの参考文献を見てもらっても分かるが,凄まじい量の参考文献。
もともと1~6章まで元になった論文があるようで,
基本道元研究に関するアカデミックな本だった。

特に第1章~第3章までの説明は目からウロコだった。
お堅い表現ではあるけど,
だからこそ整合性の高い説明だと思う。
第1章が道元に関する基本的なこと,
無常・有事などのキーワードの基本的説明。
大乗仏教的視点からの道元理解は出発点としていいと思う。
第2章が正法眼蔵の現成公案。
この現成公案の説明は,私の中にすっと一筋の芯を与えてくれた。
なんとなくで読み進めていた私に警棒の一つでも与えてくれたそんな感じだ。
修証一等(修行と悟りはいっしょ),この言葉の意味がずっしり重い。
第3章が道元の仏性。
道元の仏性理解の深さに恐れいった。
悉有仏性から修証一等の繋がり,もう見事。

道元に興味があればぜひ読んで損はないと思う。
入門書ではないと思うがということは繰り返しいっておこう。
はるか昔にここまでの思考をしていたような人がいようとは,
歴史に名を残すことはある。がんばって読んだかいがあった。
基本というか軸がわかるというのは本当に大説だと実感した。
とにかく難しかったが,タメにはなったのは間違いない。
という陳腐な言葉で締めておこう。

☆☆☆☆☆

a0027_002819small.jpg


  1. 2013/05/26(日) 04:21:37|
  2. 本 ☆☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

[本の感想] 私の男



狂気にみちた愛のもとでは善と悪の境もない。暗い北の海から逃げてきた父と娘の過去を、美しく力強い筆致で抉りだす著者の真骨頂。 (Amazon)

毒を食らわば皿まで。

演劇の題目として有名な『オイディプス王』の時から
そうなんだけど近親相姦というのは,古くから扱われてきた題材で,
それをこんな面白く書けるなんて,やるじゃん桜庭一樹。
ラノベ作家から直木賞候補になってすごい大躍進だったが,全然誇張じゃない。
『オイディプス王』も悲劇だったけど,これも悲劇としてみることが出来るわけで,
やっぱり悲劇というのは面白い,そこにドロドロの愛があれば尚更。
面白いものは面白いんだ。
直木賞受賞作品ということで,というか直木賞候補作だからこそ
この作品になにか新しいことを期待してるわけじゃないです。
大衆文学作品として読者が面白ければ,それでいいんです。
そして面白い,とくればこれは受賞に値するだろうよ。

あらすじを見てみると
なんかエロ小説のような感じが漂ってくるがそんなことはない。
いい女ほどダメな男に惹かれるというが,
ダメな男にも問題はあるがいい女の方にも問題があるとは至極当然だろう。
そうした依存関係から負のスパイラルに落ちていくという,
リアルの近しい人なら止めたりするかもしれないが,
これは小説なのでそこの所を楽しみたい。
2度と這い上がれない深みまで落ちていけばいい。
堕落していくことのなんと退廃的なことだろうか,
その甘美さときたらない。
まぁ日本なんて近親の結婚なんか
すぐ昔の世代なんてバンバン行われていたし,
田舎なんてそのオンパレー・・・・ココらへんにしておこう,
なんであまり禁忌って感じがしないのは私がおかしいんだろうか。

この物語の面白さの一つとして
物語が過去に過去に進んでいくことだろう。
過去に進んでいくことに,
ある事実が明るみになって,
そこで以前明らかになっていたなんでもないようなシーンが
ひぇ~そういうことだったのかの連続。
まぁ父と娘の愛ということで,
スキャンダラスなことは山ほどあるというわけだ。
それを我々は少しずつドキドキしながら見ていくわけだ。
そこにとんでもないものが埋まっているとも知らずに。
なんという罪深い過去なのだろう。
なんていうか他人の恋愛話を聞いてドヒャーという感覚に近いのかな。
私は恋愛系メインの小説あまり面白と思わないタイプなんだけど
これは面白かった。
面白いと思わせる要素の一つとして,この物語の1番新しい未来が
父と娘の悲劇というもので締めくくられているというのがあるんだろう。
禁断の愛という,社会的に許されない行為に罰がくだされたとして
過去に遡っていくことで,この物語を悲恋として読むことができ,
父と娘に対してのある程度の許容が生まれているのだと思う。

☆☆☆☆☆

a1380_001142small.jpg


  1. 2013/03/30(土) 03:39:29|
  2. 本 ☆☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

[本の感想] ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法



「ニート」でも「無職」でも「ひきこもり」でも、会社を辞めても仕事してなくても、
幸せに生きることはできる。(Amazon)

こんな生き方でも生きていけるんだよね。
肩の力を抜いて生きてみよう。
そんなニートのための本,別にニートじゃなくていいだけど。

若い奴ら(私も一応若者なのかな)の自殺が増えてるってのを見るとやるせなくなる。
不景気だから,自殺が増えたという意見を耳にするが,それは真実なんだろうか。
この国より貧しい国なんて沢山あるし,そういう国で自殺が多いということはないだろう。
(犯罪件数が多いのはあるけどね。)

問題はどう生きていくかなんだと思うんだ。
就活失敗したら終わりとか,どうせ年金もらえないとか,
給料はずっとあがらないとか,今の働いてる若い世代はマイホームが買えないか,
ネット上や新聞・テレビなんかでも,そんな話をよく聞く。
景気が良かった時は,当たり前に手に入れていたものが手に入らなくなる。
また,これまで会社への帰属意識を現代の日本人は拠り所にしていたが,
雇用体系は既に変化し帰属意識は薄くなりつつある。
人は共同体の中で生きるのが正道だろう,会社から弾かれ,家族から弾かれ,
彼らは何処に所属すればいいんだろうか。
日本人のあるべき生き方としてた多くの人は,道を見失いがちになっている。

勝ち組負け組の社会の中では誰しもが敗れる。
人間関係,受験,就職,出世,大多数の負ける人がいる。
落ちぶれていく者達がいる。でもいいじゃないか,負けても。
勝ち続けることはどれくらい苦しいか,もう十分わかった。
他人の視線を気にしながら生きていくのはシンドイ,
そろそろ自分を許してやることが必要なのかもしれない。

そんなダメな生き方を提唱しようと言うわけだ。
かつて堕落こそ人間を救う近道だと,私の愛した作家は言いました。

そもそも今この国の人間は働き過ぎる。
本書でも言ってるけど,日本人の勤勉さって経済成長する中で想像されたもので,
その始まりは2~3世代前に出来たものだ。
そういう今まで当たり前だった姿勢を,
個人個人で改めることが必要になってきてるのかもしれない。
どんなにテクノロジーが発展しても仕事はなくならないし,
質がどんどん上がっていてキツくなってきてる。
これが人間にとって人間らしい生活なんだろうか。後世に残すべきものなんだろうか。
そうしないと経済成長は見込めない,それは分かってる。
でも成長をこのまま続けるべきなんだろうか,
別に少し衰退するという道もあるんじゃないだろうか。
高級車やブランド物なんかの嗜好品がおいそれと買えなくなるかもしれない。
簡単病気は治療できるかもしれないが,重病なんかは治せなくなるかもしれない。
みんな大学まで通えなくなるかもしれない。

でも生きていけるんだよね。
別にこう生きようといってるんじゃない,軽~い気持ちで読んでみて,少しだけ心が軽くなればいい。
ちょっと張り詰めた生活に,ちっと疲れた思ったら読めばいい本だと思う。
そんな感じのネタ本,くだらないと思えれば,この本は必要ないんでゴミにでも捨ててやればいい。

a0002_000775.jpg

☆☆☆☆☆


  1. 2013/02/06(水) 06:09:32|
  2. 本 ☆☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

[本の感想] 迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教



「お坊さんになって悟りたい!」----。悩めるドイツ人青年の危機を救ったのは、祖国で出会った坐禅だった。出家の覚悟を決めて来日するも、そこで見たものは、この国の仏教のトホホな姿。算盤を弾くばかりの住職、軍隊のような禅堂、仏教に無関心な世間......。失望と流転の末、ようやく辿り着いた理想の修行は、小さな山寺での自給自足・坐禅三昧の生活だった。日本人が忘れた「一瞬を生きる意味」を問う、ドイツ人禅僧のニッポン修行奮闘記。(Amazon)

素敵な本に出会えるってうれしいね。
こういう本に出会うと,本当に知識欲を刺激される。

最初に行っておかないといけないけど,
ウチの宗派は,禅宗だ。その中の臨済宗の在家。
私的にこの宗派は嫌いじゃない。
むしろ,生まれを選べないこの身として,
我が家の宗派が禅宗だったのは好むところだろう。
この本の感想は,そういうバイアスがものすごくかかっている本だということ言っておく。

●2種類しかない
禅宗の本って,難解かめちゃくちゃカンタンの2種類しかない。

難解な方は,中には頑張って説明しようとしてるのもあるんだけど,
仏教用語を使ってるんで,それを親切に説明してからのお話ということで,
慣れない上にどうしてもイメージがしづらいし,伝わりにくい。
それにそういう本の主題は,禅というものの追求なのであって,
読んでいても観念的でなかなか一般の人の心に伝わってこない。
でも今まではそれくらいでいいと思っていた,この本に出会う前は。
そうカンタンに禅なんか分からないだろうと思っていた。
それはある意味あきらめだったのかもしれない。

カンタンな方は,
こういうことをしましょうという説明だけで,
終始それだけに徹している。
なのでカンタンに実行が可能だが,
どうしても説得力に欠け,内容がないものになりがちだ。
つまり陳腐ということだ。

●悩めるもの
本書は,作者の自伝というようなカタチになっている。
作者が常に抱き続けた悩みを持ち,彼は祖国で禅に出会う。
彼はドイツ人だった。
そして禅に憧れ,日本に訪れる。
しかし,彼がそこで出会ったのは,自分が信じてた禅とはまったく異なるものだった。

それはそうだろう,今の日本の仏教なんて,葬式するためと墓を管理するためにある
一ビジネスモデルといったところだろう。
ブッタより受け継ぎし法脈を紡ぎし者なんて認識は,とっくの昔に成れの果て。
いることはいるだろうが,原理主義者なんてどこでもいつでも少数だ。
それでも彼は進む,出家してからも多くの困難が待ち受ける。
本書では彼は一時期ホームレスになったことがあるとあるが,そんなのはすごく優しい方だ。
彼が現在住んでる寺なんかは,塗装されていない道を4キロ行く陸の孤島とってもいいような場所にある。
そして自給自足の生活なので,1日のほとんどを畑仕事と座禅についやすという過酷さ。
他にも色んな寺を流浪したり,常に悩み続ける彼に,人としての親近感を感じずにはいられない。
坊さんの書く本ってのは,どうしても平穏な雰囲気で上からこうですよって語る感じなんだけど,
この本にはそれがない。
常に我々のように悩み,答えを探し続けているのだ。
修行しようが,悟ろうが,この世にいる限り人は悩み続け,応え続ける。

こんな本を,ドイツ人が書くなんて思っていなかった。
この発言は差別的と見られるかもしれないが,本当に最大限の賞賛をこめて送りたい。
分かりやすいということは,決して陳腐ではない。これは重要なことだ。
本当にいい本だ。これは陳腐な表現です。

今日早速,図書館に他の著作が置いていないので,
本屋で買ってきてしまった。久々の衝動買いだ。

・参考:ネルケ無方の著作3冊を読んで

a0002_000775.jpg

☆☆☆☆☆


  1. 2012/11/12(月) 23:51:06|
  2. 本 ☆☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。