One to Go

和書・マンガの評価と感想の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[本の感想] 太陽を曳く馬

 

惨劇の部屋は殺人者の絵筆で赤く塗り潰されていた。
赤に執着する魂に追縋る一方で、合田は死刑囚の父が主宰する禅寺の施錠をめぐって、
僧侶たちと不可思議な問答に明け暮れていた。検事や弁護士の描く絵を拒むように、
思弁の只中でもがく合田の絵とは? (新潮社)

高村薫の本を読むのはこれが初めて。
この「太陽を曳く馬」は合田雄一郎シリーズの1つだそうだが
たぶん他の合田雄一郎シリーズとは少し毛色が違っていると思われる。
なんというか聞き込みだけで物語が終わった感じだ。
合田雄一郎はほとんど聞き役である。

2つの事件が起こった。
両者になんらかの共通点があるわけではない,関係者は共通だが。
2人の人間を殺し静寂の中で1つだけ絵を書き上げた絵描きの事件,
寺で起こった僧侶の事故死の再調査。
スポットがあたるのは2つに事件の当事者達の動機・意思である。
動機,主体・我の問題と言い換えてもいいが
それを宗教でどう扱うかこれがこの話のキモとなってくる。
事件はもう社会的に,法的にほぼ解決されている。
普通の刑事ものにあるような意外性のある動機ではない。
仏教という思想の中で語られる動機なのだ,
宗教的な動機だからそう考えれば意外か。
でもこう言えば自爆テロみたいな動機も含まれるし言葉足らずだ。
社会経験的動機でなく思想的動機。
思想,本書では禅宗(曹洞宗)をメインにして
大乗仏教それが生まれたインド思想
そしてオウムの思想が論じられる。
この問答がたまらなく面白い。
日本で仏教関連の啓蒙書を読むと倫理的な面に重きを置かれている本が多い。
本書でも言っているが要は八正道から導き出される倫理が日本の仏教には表層に表れている。
ありがたやありがたや仏様,これが世間の仏教だ。

でも違うのだ。
仏とは何なのか。
経典とは何なのか。
悟りとは何なのか。
仏教とは何か。
宗教とは何か。
仏教やインド思想をごちゃ混ぜしたようなオウムとは何だったのか。
この問いが世間ではブラックボックスとなっている。
これらの問いが展開されるのが本書に惹き込まれた理由でもある。

ちょっとネタバレをすると事故死した僧侶がオウムで瞑想の体験をつんでたことから
後半から仏教とオウムの比較,オウムは宗教なのかという議論が展開される。
読めば分かるがココらへんの議論というのは
どうとでも取れるところに仏教の難しさがあることが分かる。
違うと言えば違うだけの理由はあるし,そうでないともとれてしまう。

偽書という言葉があるが,仏教で偽書を認定するのは難しい。
道元なんかは見性を記してある経典を偽書だと厳しく処断し見性などないとする。
そもそも正典をはっきりと意識しなかったことが仏教が抱える問題ではある。
仮に釈迦の説法だけを正典とするなら大乗経典はどうなのと。
口伝が含まれてる可能性は実はあるし,逆に大乗非仏説というのもある。
だからこそなのだが仏教では信が重要なのだと僧侶達は言う。
道元は自らは仏弟子であり宗派などないと言いきった,その意気やよし。
そうは言っても宗門の数は今や数万にのぼるわけだ。

まぁここらへんも仏教なら戯論に陥るなと一蹴してしまうのかもしれない。
現に本書でも熱心に僧侶の中で議論が交わされるが結局まわり回って元に戻るわけだ。
合田雄一郎は,議論して結局はそれなのかという言葉からも自体が十全に表われている。
道元が最後に不戯論を持ってきたのは納得だ。
禅は仏教は言葉で伝えるとしても超言語でなければならない,
そうでなければ論理の循環に囚われてしまう。
言語を超えてしまったもの,だからこそ劇薬になりえてしまうのだが。
事故死した僧侶もこの劇薬が社会的には悪い方に効いてしまったわけだが,
それが宗教的に決して悪いと言えないのがアレだが。
それでも敢えて問うたことに意味はあったと思うし,問わせるのが宗教なのだ。
そして問いを出すのも答えるのも結局は仏でなく人間だからなのだろう。

私も主体をどうするかで哲学なんかでなく,神道でもなく,仏教に心惹かれた人間であるから
この問題というの読んでいて結構意義のあるものだった。
世代が違えども同じ時代に生まれた人間というのは同じような考えにぶち当たる。
親鸞も道元も同じような思想を見てとれるわけだが,だが両者は同じではない違う。
信というのはそうでなければならない。


この本を読んでいて玉城康四郎の「業熟体」という言葉を思い出した。
これもあの問いに対して1つの答えなんだろうか。

まぁ私も黙って坐ろうという体だ。
啓蒙はどうする????分かんねえよ。

☆☆☆☆

a0070_000023small.jpg

スポンサーサイト

  1. 2014/01/29(水) 23:44:32|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

[本の感想] どうで死ぬ身の一踊り, 小銭をかぞえる



どうで死ぬ身の一踊り・・・現代に突然現れた純粋無垢の私小説の衝撃!
長篇小説「根津権現裏」によって一部の文学者より激賞されながらも
不遇のうちに生涯を終えた藤澤清造の没後弟子として全集刊行を志す男の貧しくもおかしい日々。(Amazon)

小銭をかぞえる・・・金欠、妄想、愛憎、暴力。救いようもない最底辺男の壮絶な魂の彷徨は、
悲惨を通り越し爆笑を誘う。新芥川賞作家の傑作私小説2篇。(Amazon)

うらやましくさえ思う。

西村賢太は少し前に芥川賞を受賞した小説家だ,
作品よりインタビューの風俗ナンチャラ~で話題にながったが,
本人の言をかりるなら小説家でなく一私小説書きというべきか。
そして唱和の初期に公園で貧困の果てに死んだ
藤澤清造の愛読者であり,弟子を標榜している。
彼の書く私小説は(私が今回読んだ「どうで死ぬ身の一踊り」「小銭をかぞえる」では)
この藤澤清造の全集を刊行しようとする北町貫多の物語だ。
(言うまでもないが私小説なのでモデルは作者自身である。)

平成の世で忘れ去られた一作家を自身が芥川賞を受賞したことにより
もう一度光を当てられるという啓蒙的行動。
一読書家としてはそれは本当にうらやましく思う。
無名の作家の素晴らしいと思える作家を自分が知っているという優越感,
それをみんなに知ってもらいたいという要望。
ある意味教養高ぶる趣味と言えるのではないだろうか,
まぁそれだけの小説ならつまらなかったと思う。
この小説には等身大の彼自身がいる。
クズだ。
同棲している女性に平気で手をあげるし,
別れを切り出されたり状況が不利になると逆上する,
追い詰められると弱気になってとことんへりくだる。
そして回りにはおくびにもそんな酷いことをしているなどという顔を出さない。
クズ以外の何物でもない。
このギャップ。
趣味だとどこまでも饒舌に,時間も金も省みない人の典型というのだろうか。
それもギャンブルにのめり込んでいるわけでなく,
酒浸りというわけでもなく,趣味は文学。
なんというアンバランスさ。
面白いのは,無名作家の復興という啓蒙的活動の高尚さと40代の貧困オヤジの下卑た現実さ。
これが面白いんだよなぁ。
こういうのをなんていうだろうか・・・ギャップ萌え。

自虐的私小説というのは,日本の古い私小説の中では結構ポピュラーなので
近代小説に慣れてる人が読んでも面白いと言えるんじゃないだろうか。
女性に手をあげるなんてという人は読んではダメだが。

両方 ☆☆☆☆

a1180_011446small.jpg


  1. 2013/12/12(木) 18:57:47|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[本の感想] 大江健三郎 作家自身を語る



なぜ大江作品には翻訳詩が重要な役割を果たすのでしょう?
女性が主人公の未発表探偵小説は現存するのですか?―世紀を越え、つねに時代の先頭に立つ小説家が、
創作秘話、東日本大震災と原発事故、同時代作家との友情と確執など、
正確な聞き取りに定評のあるジャーナリストに一年をかけ語り尽くした、
対話による「自伝」。最新小説『晩年様式集』を巡るロング・インタヴューを増補。 (Amazon)

大江健三郎の作品を時系列順に交えながらのインタビュー集となっている。
小谷野敦の本を読んで伝記の楽しさ(私にとっては作家のだが)知ったのだが。
大江健三郎の小説より読みやすいのでまずこういう
自伝っぽいもの(インタビュー集なんで自伝というのかは疑問が残るが)から入るというのもありかも。
読んでみると結構な発見がある,初期から中期にかけての作品を気に入ってないのがあるというのは,
そう言えば谷崎潤一郎の評伝を読んだ時も似たようなことがあったなぁ。
まぁ作品を多く量産した時期が作者として順風満帆な時期ではないということなんだろう。
また大学時代の師・渡辺一夫の影響というのがインタビューを読んでかなり強いというのが分かった。
彼の私小説ではほとんど描写がない人物だけにこの本を読んで分かるものがある。
最新作「晩年様式集」を読んでこれまでよりかなり時事色が強いなぁと思ったが,
インタビューを読んで「万延元年のフットボール」
当時からするとかなりのものだったんだろうというのが伺える。
こういう視点は本当に私の世代(80年代後半生まれ)にはないものだよなぁ。

巻末の「大江健三郎、106の質問に立ち向かう」だけでも目を通す価値はある。
そう言えば同じような企画を村上春樹もインタビュー集やってたな,こういうのやるもんなんだろうか。

そうそう「取り替え子」よりの3部作をまとめた「おかしな二人組」に
小説の主人公・長江古義人と小説作者・大江の解説がついているというのを知った。
これは気になるのでどうにかして読みたい。
Amazonを見てるとマーケットプレイスで1万2千円くらいか,
これどれくらいプレミアムが付いてるんだろうか,ちょっと手が出しにくい。

ちなみに今月末の出る文庫版には「晩年様式集」のロングインタビューも付属するみたいです。

☆☆☆☆

a1380_001473small.jpg


  1. 2013/11/29(金) 03:09:06|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[本の感想] 石原慎太郎を読んでみた



誰もが石原慎太郎を知っている。
しかし小説家としての彼は、そして戦後史に彼が残した功罪は、どれほど知られているだろう?
知られざる膨大な作品群を読み解き、その真価と業績を徹底討論!
戦後史のダークマターの正体解明! (Amazon)

タイトル通り石原慎太郎の作品を読むことにより
スタートした企画から生まれた本。
以前に言ったけど石原慎太郎の本って「太陽の季節」しか読んだことがない。
近年では「弟」が話題になったみたいだけど,
そのころ私はまだ小学生だったので知らず,というわけで上手く噛み合わず。
まとめて言われる事が多い大江・開高も接点が全くないんだよな。
大江健三郎がノーベル文学賞獲った時も小学生。
あと5年くらい早ければまた印象は違ったんだろうが。
こういう企画本を通して,少しでも読むようになればいいんじゃないの。
ゴシップよりではあるけど(私はこういうゴシップが好きだ),
文献の量からしても苦労痛み入る。
著者の1人栗原裕一郎の「盗作の文学史」もそうだけど,
在野の人でこれだけやるのって,いい仕事するな。

企画として特に面白かったのは2つ。
2章目の太陽の季節が芥川賞を受賞した時に本当に受賞に相応しかったのか
著者2人で再判定してみる試み。
12章目の福田康夫が著書「作家の値うち」で最高得点を出した慎太郎の「人生の時の時」が
本当に傑作なのかを判定する試み。
福田康夫は慎太郎と懇意にしてたので,長らくその得点に疑問がもたれていたんだけど
ここにメスが入ると。ちなみにこの「作家の値うち」は作品に点数をつけるという先駆けとなった本です。
前者の当時の芥川賞を読むというのは,著者の豊崎由美の「文学賞メッタ斬り!」にあるやり方だけどこれが面白い。
豊崎由美が結構突っ張しる人なんで,それをセーブするという「文学賞メッタ斬り!」の
大森望の役割を栗原裕一郎が担っていると。
当時の選評について叩くというスタイルもおなじみのもの。
やはり当時もヒドい選評ってあったんだ。
このヒドい選評,ぜひ本書で読んで欲しいが本当にヒドいw。
いやぁでもこのヒドさがあるから豊崎節が唸る。
あと慎太郎とは関係ないが,当時の候補者って慎太郎以外1人も知らなかった・・・。

また三島由紀夫と石原慎太郎って,こんなに近しい間柄だったのに驚き。
三島由紀夫も同じ保守だったけど,今の慎太郎から三島を連想するイメージが全くないな。
さらに三島由紀夫が石原慎太郎の「亀裂」に嫉妬していたというのにさらに驚き。
石原慎太郎って保守だけど,本書を読んでみると天皇制についてはまったく重要視してないのか。
ここらへんは三島由紀夫とは対照的だな。
日本の保守って,アメリカと中国という国に対して
親or反で分かれるので基本4つ分類されるそうだけど
(このソースは小谷野敦の本だと思うけど曖昧),
基本天皇制にはみんな賛成という不思議な状態なんでマイノリティだ。
慎太郎がもともと左翼から転向したというのにもそういう理由ありそうだが。
ただ単に中心基質だからだけなのかもしれないが。

ちなみに本書の名言は中森明夫の
「慎太郎は才能あるよ。いまだに才能しかないけど」
これがすごくツボだった。
取り敢えず最近,大江と開高を数冊読んだんでコチラに手をのばしてみるのもアリだな。

☆☆☆☆

a1320_000137small.jpg


  1. 2013/09/26(木) 20:12:09|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[本の感想] アンベードカルの生涯



「もし私が、私がそこに生れ育った階級が呻吟する、忌わしい奴隷制と非人間的不正をやっつけることができなかったら、
頭に弾丸をぶちこんで死んでみせる」この国、いや外国においてすら、アンベードカルほど波瀾に富み、
刺激的でロマンチックな人間は稀であろう。(Amazon)

「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」というネタがある。
私は結構好きだw。
この文自体,ガンジーの聖人さを表していると思う。
ガンジーなら殴らないのだ。
ガンジーの行動が,インドは独立に
大きく貢献したのは言うまでもないことだろう。

ところでインドに「不可触民」という言葉がある。
インド最大の宗教ヒンドゥーにおいてカーストにすら入れない人達だ。
手塚治虫の「ブッダ」に登場する,物語初期主人公かと思われた
あのタッタがこの不可触民に属していた。
この不可触民知れば知るほど,インド社会での扱われかたがヒドい。
飲水のための貯水池を利用することも許されず,
宿屋・食品店・寺院など利用することも許されない。
この差別に対して立ち向かったのが,アンベードカルである。
彼自身不可触民の出であり,貧困の中で法務大臣にまで上り詰め,
イギリスからの独立後インドの憲法草案を作成した1人である。
そして後に仏教徒に改宗して,
インドに仏教復活の立役者となった1人である。

ここで最初にガンジーの話を持ちだしたことについて言いたい。
ガンジーとアンベードカルは同時代の人だ。
アンベードカルの方が20歳くらい若い。
そしてガンジーとアンベードカルはほとんど共闘することはなかった。
いや,敵対していたといってもいい。
ガンジーはインド独立に一役買ったが,
彼はカースト制度自体は擁護した。
彼自身,カースト制度の区分に上下はないというような思想を持っていたようで
不可触民を新たなカーストに加えようとしていたらしい。つまり5つ目のカーストだ。
これだと職業はカースト内で固定されてしまっているし,
結婚なども同じカーストでしか出来ないが
ガンジーはそれを肯定的に捉えていた。
しかしアンベードカルはこの考えに猛然と反対した。
多くのヒンドゥーは不可触民に対して補償をしているし差別の撤退をしていると言っているが
依然としてその成果は目に見えず貯水池を利用することも
寺院に入ることすら許されていないの現状であった。
信仰篤き人でも不可触民は寺の外で拝むしかない。
両者の意見の違いは,ガンジーの目的はイギリスからの独立で,
アンベードカルの目的が不可触民制度撤廃であったという
違いによるところが大きのかもしれない。
それにガンジーはカースト内にいて,アンベードカルはカーストの外にいた。

大変熱かったのは,アンベードカルがガンジーと対峙した時,
アンベードカルは祖国を愛することができないと言った。
どうしてこれだけの差別を受けてまで国を愛することができるのかと。
読んでいる私も思わず熱くなってしまった。
まだガンジーが聖人化されすぎていて,アンベードカルは彼と対峙していたことから
悪役として見られることが多かったとあるが,
まぁ今の日本のガンジー像を見てもある程度納得。
そういうこともありインドでも評価の難しい人物であるらしい。
この中でアンベードカルは最後まで不可触民制度撤廃をつらぬいた。
本当物語のような苛烈な生き様だった。
そしてこの差別はいまだ続いているが,アンベードカルの死後40年
インドに不可触民出身の大統領がはじめて生まれた
それがナラヤナン(1997年~2005年)である。

ちなみにアンベードカルは後年仏教に改宗するけど
彼の仏教については本書ではさわりくらいです。
同じ光文社新書で「ブッダとそのダンマ」が出てるんでそっちで。

☆☆☆☆

a1130_000298small.jpg


  1. 2013/09/25(水) 21:24:59|
  2. 本 ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ブログはコチラ(現在休止中)で。

ヒメキリン

Author:ヒメキリン
高知在住・読書している20代。
本は図書館で借りるのが多いです。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

読んだ本・マンガは,下記の「~のリスト」にリンク貼っています。参考にしてください。

評価について (2)
読んだ本のリスト (1)
読書メモ (18)
本 ☆☆☆☆☆ (12)
本 ☆☆☆☆ (100)
本 ☆☆☆ (83)
本 ☆☆ (8)
本 ☆ (0)
読んだマンガのリスト (1)
漫画 ☆☆☆☆☆ (8)
漫画 ☆☆☆☆ (36)
漫画 ☆☆☆ (14)
漫画 ☆☆ (3)
漫画 ☆ (0)
酒の評価について (1)
酒のリスト (1)
酒 ◎ (8)
酒 ◯ (12)
酒 △ (2)
PC・ガジェット (10)
メモ・日記 (311)
DVD・TV・映画 (70)
ゲーム (7)
未分類 (0)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

よければクリックしてください。


高知県 ブログランキングへ

運営の方からポイントを振り分けて欲しいとの 連絡があったので,本のカテゴリにも登録しました。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

アクセスランク

相互リンクとブロともに関して

3ヶ月以上更新がないブログは,相互リンク・ブロともともに一度解除させてもらう場合があります。ご了承ください。再開した時は,もう一度申請してくれれば受け付けます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◯◯◯

バイトサイト

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。